和の創作料理で
お腹も心も満たされる

RAKUYA

WASHINGTON D.C.

地下鉄デュポンサークル駅から徒歩1分。各国の大使館が点在するこの地で20年愛され続けた創作和食ダイニングRAKUYAが2017年夏、新装開店した。

ひとひねり効いた和食メニューで、他のフュージョンレストランとは一線を画す同店。人気メニュー「銀鱈の西京焼き もろ味噌マスカルポーネ」を始め、「スズキのグリル レモンとだしのバターソース」など、「食べてみたい!」と興味をそそられるメニューばかり。一口食べれば、ついついお酒が進んでしまう。それもそのはず、シェフの本間さんは米どころ・酒どころの新潟県出身。他のアジアンレストランとは違い、あくまで和の要素にこだわりメニューを開発している。添え物一つにしても、抜かりなく、メインとの相性も抜群だ。アメリカ人に人気の「揚げ出し豆腐」も、RAKUYAでは自家製がんもどきが添られている。

ドリンクメニューも食事との相性間違い無しの日本酒や、オシャレなカクテルなど種類も豊富で、そのセレクションはマネージャー、江森さんの女性ならではのセンスが光る。この日の日替わりメニュー「鴨と柿の春菊のサラダ レモンセサミヴィネグレット」と、人気カクテル「Pineapple Kiss」は、見た目の美しさとさっぱりとした口当たりが女性の心を掴むに違いない。

この日のシメの一品は、柚子と獅子唐がアクセントの「鴨と雲丹の茶そば」。他にもシメにもってこいの、魚介醤油豚骨ラーメンや、鶏白湯ラーメンなども人気のメニュー。

日本の季節感を思い出させてくれるメニューでお腹も心も満たしてくれるRAKUYAは、ビジネスシーンはもちろん、プライベートでも利用したいレストランだ。また、ランチタイムには、弁当やセットメニューもあるので、気軽に立ち寄りたい。


銀鱈の西京焼き もろ味噌マスカルポーネ


鴨と柿の春菊サラダ レモンセサミヴィネグレットと、カクテル


鴨と雲丹の茶そば

RAKUYA
住所:
1900 Q ST NW,
WASHINGTON, DC 20009
電話:202-265-7258
営業時間:
LUNCH
月曜日~金曜日 11:30AM ~ 2:30PM
土曜日 12:00PM ~ 10:30PM
DINNER
月曜日~木曜日 4:00PM ~ 10:00PM
金曜日 4:00PM ~ 10:30PM
土曜日 12:00PM ~ 10:30PM
日曜日 5:00PM ~ 9:30PM
定休日:なし

https://www.rakuyarestaurant.com

Leave a Reply