MINI SUSHI BAR AT MANDARIN ORIENTAL, WASHINGTON DC

2016年ミシュランガイド ワシントンDC版の推奨店入をしている「鮨小川」のお寿司が、ラグジュアリーホテル、マンダリンオリエンタルワシントンDCの一角で食べられる。 握り15貫のおまかせ($100)を中心に、お好みでのオーダーもできる。鮨ネタは本店と同じく新鮮な旬のものを、経験豊富な日本人板前が提供。 日本酒は日本の有名銘柄を現在7種類そろえている。 The unique style of an omakase dinner is the main attraction at Mini Sushi Bar in Mandarin Oriental. As the brainchild from Chef Ogawa of Sushi Ogawa, one of 2016 Michelin-recommended restaurants, the only item on the menu is a 15 course omakase dinner. An omakase dinner usually means “Up to…

鮨 小川
SUSHI OGAWA
WASHINGTON, DC

鮨職人として経験豊かな小川稔氏がオーナーシェフとして、2016年2月に開店。早くも2016年度版ミシュランガイド推奨店入りを果たした。ネタはその時にベストな産地から取り寄せ、下ごしらえにも手を抜かない。本格江戸前鮨のおまかせをお手頃価格で楽しめる。カウンターはおまかせのみ、ダイニングではおまかせとお好みで寿司のオーダーが可能である。予約が好ましい。 As a professional sushi chef with extensive experience, Minoru Ogawa opened Sushi Ogawa as the owner chef in February 2016. Same year, the restaurant earned the honor to be named as one of the Michelin-recommended restaurants. The key is to use seasonal ingredients sourced from the finest markets and purveyors around the world. It’s…

Norikoh
New York, NY

Though there are many Japanese restaurants around New York City, I bet you can’t find one like this. While it appears to be a Japanese fusion restaurant, this place offers a variety of authentic Japanese comfort food for a great deal! Whether you’re here for lunch or dinner, you’re not only guaranteed to try some…

NYのレストラン業界で20年
自身のルーツを料理に込めて

NORIKOH

Manhattan, NY

20年にわたりレストラン業界に携わり、日本食の要素を多く取り入れたアジアン・フュージョンレストランNorikohのオーナーであるクリスティーナ・ノリコ・パンさんが、昨年末マンハッタンのチェルシーにNorikohの2店舗目をグランドオープンさせた。 パンさんは台湾の出身で、日系レストラン業界で働く以前から日本の食や文化との関りがあった。台湾が日本の占領下にあった影響で、パンさんの祖母が日本料理に親しんでおり、そのおばあさんが作る日本食を食べて育った背景がある。家族の歴史的背景を知らずに、パンさんはそれを台湾料理だと思って育った。他の移民の人々と同様に、アメリカンドリームを追って30年以上前に渡米。そして2000年、ベニハナに買収された日本のフュージョンレストランHaru Sushiにホステスとして入社し、レストランオーナーになる旅に出た。パンさんは、Haruの創業者であるバーバラ・松村氏と一緒に仕事ができ、とても幸運だったと言う。彼女はHaruに入社し僅か3カ月でアシスタントマネージャーに昇進した。その後一度Haruを去ったが、2年後にまた配達部門の営業担当者としてHaruに戻り、ピーク時には440万ドルの収益を達成。更に2年後、Haruのタイムズスクエア支店のゼネラル・マネージャーに昇進した。Haruに12年務めた彼女は「自分のために何かをする」と心に決めHaruを退職。資金援助などを殆ど受けずにレストランをオープンすることは困難だったが、2014年、Haruでの経験から得たレストラン経営の知識を活かし、マンハッタンの東 39丁目に最初のNorikohを開店した。 店は当初寿司レストランとしてスタートしたが、当時のメニューで唯一のラーメンであったNorikohラーメンが、顧客の間で人気となり「お客さんが私のラーメンを(他の有名チェーン店と)比較しても好んでくれていると分かり、ラーメンに力を入れるきっかけになった」とパンさんは言い、シェフと協力し現在のメニューにある多種多様なラーメンメニューを作った。更に、彼女のバックグラウンドを表現するため、伝統的な台湾のビーフヌードルスープをメニューに加えた。長年にわたり、市内のアジア料理愛好家の間で人気を博し、Norikoh二店舗目の開店に至った。 レストラン経営について「人が非常に重要」とパンさんは話す。 これまでの経験から、リーダーとしてスタッフ全員にそれぞれの役割を把握させ、全員が同じ足並みであることを常に確認することが重要であると気づいたという。「自分で自分を成功した人だと言いたくありませんが、私を助けてくれる適切な人を見つけることの重要性を私は知っています」とパンさん。Norikohでの相互目標に向かって喜んで協力できるチーム作り、従業員の幸福感を保つことを重視しており「お金は重要ですが、ビジネスを動かしているのは人です。従業員の幸せを保つ鍵は信頼です。規律は求めますが(信頼関係を保つためにも)すべてを監督することはしません」。 レストラン経営で重要なもう1つの要素について、Norikohでは、高品質の食品をリーズナブルな価格で提供するよう努めており、経済が悪化しても品質の維持を重視している。メニューに載せる前に全ての料理を確認し、濃縮物は使わない。料理は全て一から作られている。 「店で出す料理には非常に自信があります。全ての食品が高品質であることを確認し、心を込めて作っています」とパンさん。 Norikohの二店舗目がオープンしたばかりだが、パンさんは既に今後の拡大、チェーン展開も考えている。「実現できるかどうかはわかりませんが、試してみます。引退するまでに、10年、できるだけ大きくしたいです」。 《企業概況ニュース》2020年 4月号掲載

レストラン日本
Restaurant Nippon
New York, NY

ニューヨークの老舗日本食レストラン。マンハッタンの東52通りレキシントン街と3番街の間にある。季節の小鉢をはじめ、焼き物、会席、寿司、天ぷらなどオーセンティックな日本食を楽しめる。 また、同店では蕎麦を自前で生産し自家製手打ち二八そばとして販売する。静かな落ち着いた座敷は、接待に最適な場所としてビジネスマンの間では評判が高い。毎年、年末にはお正月のおせち料理の注文も行っている。詳細については要問い合せ。 This long-established Japanese restaurant in New York located on East 52nd St, in between Lexington and 3rd Avenues. It’s a place where you can enjoy authentic Japanese food starting with seasonal side dishes, yakimono (grilled dishes), kaiseki cuisine (multi-course banquet meal), sushi and tempura. The restaurant also produces handmade ni-hachi soba (soba containing…

車すし
KURUMAZUSHI
NEW YORK, NY

1977年の創業以来、寿司のみのメニューで伝統を守り続けている老舗寿司屋。 新鮮なネタの本格的江戸前寿司はいつ訪れても納得がいく美味しさ。同店でしか食べられない貴重なまぐろの5種類の部位は試す価値あり。店主かつ寿司職人として50年磨き上げられた確かな腕をぜひ「おまかせ」で堪能したい。貸切可。1部屋(3-8名)。 Opened since 1977, the long-established sushi place preserved its tradition of keeping a sushi-only menu. Whenever you visit, the authentic Edo-mae sushi made with fresh ingredients will never let you down. The five different cuts of the tuna that can only be eaten here at Kurumazushi will worth your visit. You’re sure to…

日本への愛情が生んだ
素材重視の本格和食

NAOE

MIAMI, FL

NAOEは、マイアミのダウンタウンから近いブリッケル・キーの離島に位置する本格的な寿司レストラン。日本で修行を積んだアメリカ人の板前シェフが作る創作料理はこだわりと日本への愛情に溢れている。「おまかせ」のみとなるメニューは、厳選された食材のみを使用し、丹精に作られる料理の数々はどれも新鮮かつ繊細。これらの料理はシェフ・ケビン氏が自ら厳選した中村酒造から取り寄せたお酒との相性が抜群。また、金沢にて200年以上も続く伝統ある醤油醸造の「直源」の醤油を使用しており、お料理にはすべてこの醤油が使われている。 店内は8席の寿司カウンターと16席が備えられている長いテーブルのみ。インテリアはモダンで格調高い雰囲気が漂う。外観も看板もなく、まるで日本の京都の料亭のようにひっそりと佇む店構え。ZAGATでフード29点、サービス28点と高得点を獲得。フォーブス・トラベルガイド・ファイブスター・アワードなど様々な賞を獲得している。完全予約制。予約の受付はオンラインで。         NAOE RESTAURANT 住所: 661 BRICKELL KEY DR., MIAMI, FL 33131 電話:305-947-6263 営業時間: 6:00PM 9:30PM 定休日:日曜日 PRIVATE ROOM Reservations are required http://naoemiami.com

懐石料理の
新スタイルを提案

KUSAKABE

SAN FRANCISCO, CA

懐石料理の流れ、精神を大事に、鮨をメインとしたコースの構成"Sushi in Kaiseki style"と言う新しいスタイルで料理を提供。まだオープンして間もないが高級店のような肩の張るサービスではなく、ゆっくり楽しく食事を楽しんで頂くサービスを目指している。メニューは基本的に「Omakase」(95ドル)のみだがアラカルトメニューから追加オーダーが可能。ドリンクは利酒師、ワインソムリエがコースに合ったお酒のペアリングを提供。 京都の懐石料亭で修行を積み、その後サンフランシスコベイエリアでは代表的な日本人シェフとして人気を誇っているオーナー日下部光紀氏。「昨日より今日。今日より明日。」の想いを胸に、チーム一丸となって「店はお客様のためにある」を徹底している。テーブルは最大8人。カウンターは最大3人まで予約可能。         KUSAKABE 住所: 584 WASHINGTON ST., SAN FRANCISCO, CA 94111 電話:415-757-0155 営業時間: DINNER 月曜日~土曜日 5:00PM ~ 11:00PM 1st seating:  5:00PM 〜 5:15PM 2nd seating: 8:00PM 〜 8:30PM 定休日:日曜日 Top Page