全米での
フランチャイズ化を目指す

GO GO CURRY, USA

NEW YORK, NY

店が増えるということは従業員の成長があるからこそ 5年で55件、10年で555件、全米フランチャイズ化を目指す 2012年に『金沢カレー』を代表する人気チェーン店「ゴーゴーカレー」に就任した大森社長。かつては女優、テレビ局、そしてニューヨークのフード専門のフリーマガジン「CHOPSTICKS NY」のディレクターを努めたりなど、経歴は華々しい。就任後は、次々と多店舗展開を促進。今や東海岸を中心に7店舗へと拡大。今後のビジネス展開について聞いた。 大森さんが「ゴーゴーカレー」に初めて出会ったのは2003年の石川県主催のパビリオンだった。「私も石川県出身ですが、全く金沢カレーが有名だということはその時には知らなくて。そこでニューヨークに出店が決まっていることを聞いたんです。社長の宮森が、同郷出身の元ヤンキースの松井選手に憧れてお店をオープンしたというエピソードからも、とても変わった人だなって思いました(笑)」それからお互い同郷ということもあって、宮森社長とは県人会などを通じてしばらく友人関係が続き、その間にあのリーマン・ショックがやってきた。 不況に強いビジネスって面白い 「私がCHOPSTICKS NY で働き始めてから1年後でした。不況が来ると毎日食べないといけない食事にかける金額はどうしても下がってきますよね? その時、「ゴーゴーカレーは強い」と思ったんです。100年に一度のこの大不況を乗り越えたら怖いものはないなと。」ゴーゴーカレーが米国でも人気の理由は一番が味、そしてスピード、プライスと続く。不況という経済的ピンチに、美味しくて安くて気軽に食べられるという強みがここで発揮された。それから3年後、ちょうどCHOPSTICKS NY が黒字になりつつあり、システム化してきた時に宮森社長から「一緒に全米展開しませんか?」というお誘いが来た。「不況だった時もお誘いは頂いてたんですけど、自分が作ったマガジンなので思い入れもあって、途中で放り出せないということで断っていたんです。でも店舗拡大というシステムで考えたとき、初めてビジネスの芽が見えたんです」 次のステップはフランチャイズ化 現在のところ、全7店舗が直営店。「社員を48人抱えているともうファミリーという感じですね。従業員は子供たちみたいもの。パーソナルな問題を抱えても一緒に解決していきたいし守っていきたい。こうやってお店を増してもらっているのもその従業員たちの成長があるからです。成長しているんだから一スタッフのままではダメ。マネージャーになる。そのために新しい店舗を増やすという感じです」。 次のステップはフランチャイズーー5年で55件、10年で555件がこれからの目標だという。近年はフランチャイズ化を念頭に置きながら、ゆっくりきちんと人を育てながらフランチャイジーという立場になって店作りを行ってきた。「ひとつの物件を探すために現地に何ヶ月もいても効率が悪いし、地方ごとにカルチャーも全く違う。そういう面でもフランチャイズという仕組みを使って地元の人に運営してもらった方がいいわけです。」 指針としては、全米カナダに美味しいカレーを手頃に提供することによって人々の生活を豊かにし、従業員の幸せを守ること。「これだけ大きな数字を目標に掲げたからには純利益もその分上げないといけない。そうしなければ、従業員たちに豊かな生活をさせてあげられないんです」。従業員のことを考えた職場環境づくりが大切だということを強調した。 Go Go Curry USA, Inc., President & CEO 大森智子 氏 GO GO CURRY USA, INC. TIMES SQUARE 273 W. 38TH ST., NEW YORK, NY 10018 電話:212-730-5555 WASHINGTON SQUARE PARK STADIUM 231 THOMPSON ST., New York, NY 10012 電話:212-505-2555 WORLD TRADE…

回転寿司チェーン「くら寿司」
テキサス2号店目をオープン

KURA SUSHI

CARROLLTON, TX

2016年の夏にオープンしたか回転寿司チェーン店の「くら寿司」テキサス2号店目。フリーウェイから降りてすぐの位置にあるダラスで今一番ホットなアジアンショッピングセンター内にあり、アクセスも良い。リーズナブルな価格と新鮮な寿司はもちろん、くら寿司オリジナルのとんこつラーメン、本格だしのうどんなどもあり、売上ナンバーワンの豆乳ミルクドーナツなどデザートまで幅広いメニューで充実している。また、月替りで九州、北海道、全日本、関西四国など、日本各地から旬の食材を直送したジャパンフェアを実施。日本の旬の味覚がリーズナブルに食べられるチャンスをお見逃しなく。全米で当店が12号店目となる。 KURA SUSHI CARROLLTON, TX店 住所: 2540 OLD DENTON RD., SUITE 140 CARROLLTON, TX 75006 電話:469-758-6188 営業時間: 月曜日~木曜日 11:00AM〜10:00PM 金曜日〜日曜日 11:00AM–10:30PM http://www.kulausa.com 住所: PLANO, TX店 100 LEGACY DR., SUITE 100 PLANO, TX 75023 電話:972-517-2400 LITTLE TOKYO, CA店 333 E. 2ND ST., LOS ANGELES, CA 90012 電話:213-290-9631 CUPERTINO, CA店 19600 VALLCO PRKY., SUITE 160 CUPERTINO, CA 95014 電話:408-861-0155…

いきなりステーキ
NYでの成功の秘密を探る

KUNI’S CORPORATION

NEW YORK, NY

お肉の本場米国で、日本のステーキハウスが太刀打ちできるのか、立ち食いスタイルは米国人には受け入れられないのでは。様々な憶測が飛び交う中、見事これらの懸念事項をいい意味で裏切ってくれた「いきなりステーキ」のニューヨーク初進出。半年経った今なお、行列が絶えない同店の仕掛け人のひとり、槌山 隆社長にお話を伺った。 「ニューヨーク進出には最初から何の不安も感じていませんでした。弊社代表の一瀬の『これはアメリカでうける!』という強い信念から始めたことですし、普通に我々のスタイルがアメリカでも受け入れられる、という前提で準備を進めていました。おかげさまで、特に週末にかけてのディナーの時間帯はまだ行列ができますね。ただ平均の滞在時間は30分程度と短いので、そんなに長い待ち時間にはならないかと思います」。 一号店をニューヨークに決めたのは、一瀬氏の憧れからだと言う。同業他社で最初に成功したBENIHANAのロッキー青木氏が最初にお店を構えたのもニューヨークであったことも、少なからず影響を与えた。 国は違えどメニューは日本と全く同じ。同じレシピと同じサービスをここ米国でも提供する。一番の人気メニューは「リブアイステーキ」。10.6オンス(300グラム)が27ドルで食べられる。一流のお肉をこの値段で食べられるお店を、ニューヨーク内で他に見つけるのは簡単ではない。また7月20日よりハイチェアを導入し、立ち食いエリアと共存する。 「待ち時間のことも考えると、中に入ってからもずっと立ちっぱなしはしんどいと感じる方もいるかと思います。少しゆっくりできるスペースも必要かと思い導入しました。けれど中にはあえて椅子をどかして立って食べるお客さんもいますよ。食べ慣れている方だと立っている方が食事が通りやすいんでしょうね」。 来年中にはニューヨークエリアに20店舗ができる計画だ。すでに新店舗の工事もいくつか進み、その勢いは止まらない。米国では超一流レストランや、逆にダイナー系の経済的レストランは数多く見かけるが、その中間層が手薄。そこにうまく入り込んだのが同店だ。競争相手が少ないため、展開が早く商売的にも面白い。同社のもうひとつの看板レストラン「ペッパーランチ」の米国進出も視野に入れたことがあったが、いきなり一本でいく方が勝算が高いと見込み、今では同店のみの全米展開を狙う。 「アメリカにはまだまだ100万人都市がたくさんありますからね。それらにどんどん進出していきたいと思っています。私はやるべきことを10年単位で考えており、まだスタートしたばかりなので課題が山のようにありますが、ひとつずつ克服し慌てずに進んでいっています。一瀬とも話しているんですが、ニューヨークが成功したら次は全米1,000店舗達成を最終目標に掲げてるんですよ」。 行列を避けたい方、月曜~水曜のランチタイムにぜひ同店を訪れてほしい。 IKINARI STEAK EAST VILLAGE 住所: 90 E 10TH ST., NEW YORK, NY 10003 (on 10th St., bet 3 & 4 Ave.) 電話:917-388-3546 営業時間: 月曜日~日曜日 11:00AM ~ 11:00PM 定休日:なし IKINARI STEAK CHEALSEA 7 AVE 154 7TH AVE., NEW YORK, NY 10011 (bet 19th & 20th St.) 営業時間: 月曜日~日曜日 11:00AM ~…

横浜発「家系ラーメン」
NYに初上陸

E.A.K. RAMEN

NEW YORK, NY

神奈川県横浜市発祥の「家系ラーメン」の流れを汲む「E.A.K. Ramen」が、5月末にグリニッジビレッジにオープンする。豚骨醤油ベースのスープに太いストレート麺、ほうれん草、チャーシューにのりという基本素材にゆでたまごを付け加えたスタイルで、ラーメンがすっかり定着したニューヨークに新しい風を送り込む。 E.A.K. Ramenを展開する株式会社ギフトは、日本、シンガポールで約40店舗の家系ラーメン店を展開しており、アメリカでは昨年末ロサンゼルスに第1号店を立ち上げ、今回のニューヨークが2店舗目となる。ニューヨーク店では、基本の豚骨醤油の他に辛みそ、塩、ベジタリアン・ビーガン用などのラーメン(14〜17ドル)を揃え、その他にも豊富なアペタイザーが用意されている。 E.A.K. RAMEN @ NEW YORK 住所: 469 SIXTH AVE., NEW YORK, NY 10011 (West 11th Street) 電話:646-863-2027 営業時間: 日曜日~木曜日 11:00AM ~ 11:00PM 金曜日・土曜日 11:00AM ~ 1:00AM 定休日:なし http://eakramen.com E.A.K. RAMEN @ LOS ANGELES 住所: 7455 MELROSE AVE., LOS ANGELES, CA 90046 電話:323-866-1866 営業時間: 日曜日~木曜日 11:30AM ~ 11:00PM 金曜日・土曜日 11:30AM ~ 1:00AM 定休日:なし E.A.K. RAMEN @ NEW YORK店

SUIKA アメリカ1号店 ヒップな居酒屋をシアトルで体験 Seattle, WA

話題の店が次々とオープンしているシアトル・キャピトルヒルエリアに2015年12月オープンしたSUIKA SEATTLE。カナダのバンクーバーとトロントに居酒屋4店舗を展開する田丸商店の卒業生であるオーナー木本が暖簾分けで独立したアメリカ1号店だ。 店内に散りばめられた数々のデザインの中でも特に88本の1升瓶を天井から吊り下げたシャンデリアが訪れる人の目を引く。 宴会コースメニューもあり、30人規模の宴会にも対応している。 人気のメニューは自家製ラー油をかけたスモークした鮪のタタキ、7色をあしらったレインボーウニシューター、炙り〆鯖などを使ったバッテラ押し寿司。ドリンクでは店名を冠したスイカジントニック、スイカのシャーベットが入った日本酒のサングリア、自家製のジンジャーエールを使ったモスコミュールなどが人気。 日替わり、週替わりのスペシャルが常連客を飽きさせない。『東京にあるようなヒップな居酒屋をシアトルの人にも体験してほしい』とマネージャーの寺尾さんは語る。       SUIKA 住所: 611 E PINE ST., SEATTLE, WA 98122 電話:206-747-9595 営業時間: DINNER 火曜日~木曜日 5:00PM ~ 10:30PM 金曜日 5:00PM ~ 11:30PM 土曜日 4:00PM ~ 11:30PM 日曜日 4:00PM ~ 10:30PM 定休日:月曜日 http://suikaseattle.com