Norikoh
New York, NY

Though there are many Japanese restaurants around New York City, I bet you can’t find one like this. While it appears to be a Japanese fusion restaurant, this place offers a variety of authentic Japanese comfort food for a great deal! Whether you’re here for lunch or dinner, you’re not only guaranteed to try some…

NYのレストラン業界で20年
自身のルーツを料理に込めて

NORIKOH

Manhattan, NY

20年にわたりレストラン業界に携わり、日本食の要素を多く取り入れたアジアン・フュージョンレストランNorikohのオーナーであるクリスティーナ・ノリコ・パンさんが、昨年末マンハッタンのチェルシーにNorikohの2店舗目をグランドオープンさせた。 パンさんは台湾の出身で、日系レストラン業界で働く以前から日本の食や文化との関りがあった。台湾が日本の占領下にあった影響で、パンさんの祖母が日本料理に親しんでおり、そのおばあさんが作る日本食を食べて育った背景がある。家族の歴史的背景を知らずに、パンさんはそれを台湾料理だと思って育った。他の移民の人々と同様に、アメリカンドリームを追って30年以上前に渡米。そして2000年、ベニハナに買収された日本のフュージョンレストランHaru Sushiにホステスとして入社し、レストランオーナーになる旅に出た。パンさんは、Haruの創業者であるバーバラ・松村氏と一緒に仕事ができ、とても幸運だったと言う。彼女はHaruに入社し僅か3カ月でアシスタントマネージャーに昇進した。その後一度Haruを去ったが、2年後にまた配達部門の営業担当者としてHaruに戻り、ピーク時には440万ドルの収益を達成。更に2年後、Haruのタイムズスクエア支店のゼネラル・マネージャーに昇進した。Haruに12年務めた彼女は「自分のために何かをする」と心に決めHaruを退職。資金援助などを殆ど受けずにレストランをオープンすることは困難だったが、2014年、Haruでの経験から得たレストラン経営の知識を活かし、マンハッタンの東 39丁目に最初のNorikohを開店した。 店は当初寿司レストランとしてスタートしたが、当時のメニューで唯一のラーメンであったNorikohラーメンが、顧客の間で人気となり「お客さんが私のラーメンを(他の有名チェーン店と)比較しても好んでくれていると分かり、ラーメンに力を入れるきっかけになった」とパンさんは言い、シェフと協力し現在のメニューにある多種多様なラーメンメニューを作った。更に、彼女のバックグラウンドを表現するため、伝統的な台湾のビーフヌードルスープをメニューに加えた。長年にわたり、市内のアジア料理愛好家の間で人気を博し、Norikoh二店舗目の開店に至った。 レストラン経営について「人が非常に重要」とパンさんは話す。 これまでの経験から、リーダーとしてスタッフ全員にそれぞれの役割を把握させ、全員が同じ足並みであることを常に確認することが重要であると気づいたという。「自分で自分を成功した人だと言いたくありませんが、私を助けてくれる適切な人を見つけることの重要性を私は知っています」とパンさん。Norikohでの相互目標に向かって喜んで協力できるチーム作り、従業員の幸福感を保つことを重視しており「お金は重要ですが、ビジネスを動かしているのは人です。従業員の幸せを保つ鍵は信頼です。規律は求めますが(信頼関係を保つためにも)すべてを監督することはしません」。 レストラン経営で重要なもう1つの要素について、Norikohでは、高品質の食品をリーズナブルな価格で提供するよう努めており、経済が悪化しても品質の維持を重視している。メニューに載せる前に全ての料理を確認し、濃縮物は使わない。料理は全て一から作られている。 「店で出す料理には非常に自信があります。全ての食品が高品質であることを確認し、心を込めて作っています」とパンさん。 Norikohの二店舗目がオープンしたばかりだが、パンさんは既に今後の拡大、チェーン展開も考えている。「実現できるかどうかはわかりませんが、試してみます。引退するまでに、10年、できるだけ大きくしたいです」。 《企業概況ニュース》2020年 4月号掲載

新撰組 モントレーパーク店
Shin-Sen-Gumi
MONTEREY PARK, CA

ロサンゼルスの有名チェーン「新撰組」のモントレーパーク店。炭火焼き鳥、しゃぶしゃぶや水炊きなどの鍋、本格的な寿司がずらりとメニューに並び、一品料理や酒類も豊富に取り揃えている。寿司シェフによるスペシャルメニュー、コース料理など要望に合わせて用意してくれる。 これからの季節にはぴったりの鹿児島和牛しゃぶしゃぶセット、博多水炊きなどがおすすめ。スタッフによるおもてなしと賑やかな店内で、なつかしい日本の味を堪能できるお店。 Hakata ramen, shabu-shabu, yakitori, udon, nabe, sukiyaki, robata, Yakiniku Japanese barbeque and sushi; this restaurant is like an old library with thousands of books filled with knowledge when it comes to Japanese food. Prepared with the finest seasonal items and their undying will to serve the customer well is what lead to their…

ZEPPELIN DC
WASHINGTON, DC

レトロとコンテンポラリーが融合した店内で本格的な江戸前すし、炭とタレにこだわった炭火焼き鳥、カリスマ・バーテンダーのカクテルが楽しめる。 ワシントンD.C.のレストラン界でその名を馳せるレストランオーナー、エイドリアン・ウィリアムズ、アリ・ワイルダー、マイカ・ワイルダーが手掛けるレストランとして、2019年2月にオープン。DCで江戸前すし店を数店舗展開し、「Ogawaスタイル」を確立している「鮨小川」の本格江戸前すしと、カリスマ・バーテンダーでもあるワイルダー兄弟のカクテルを求める人々で賑わっている。 同店シェフの横手さんが試行錯誤の末に考案した、カクテルに合う居酒屋メニューから、3種類ある大阪風お好み焼き、牛のタタキ、鶏モモ肉を使ったオリジナルレシピのつくねが人気メニュー。店内にはカラオケがあり、予算に合わせたパーティーメニューにも対応してくれる。 Here you can enjoy authentic Edomae sushi, sauce-basted Yakitori skewered chicken grilled with charcoal and cocktails made by charismatic bartender in this restaurant that fuses vintage and contemporary elements. Zeppelin DC was opened by DC’s renowned restaurant owners and cocktail gurus Adrian Williams, Ari Wilder and Micah Wilder in February 2019. While…

とにかく
たくさんの人に来て欲しい

UMACAMON

ROLLING MEADOWS, IL

幅広いお客さんに来てもらうため試行錯誤の日々 イリノイ州にあるうまかもんは、本間さんが元同僚であり、共同経営者の木森さんと「こんなお店があったらいいな」と思い立ったのをきっかけに2015年にオープンした日本食レストランだ。営業はお昼と夜で、昼は洋食屋、夜は居酒屋スタイルという、一軒で二つのお店を楽しめるようなところが特徴だ。メニューや従業員のオペレーションの仕方が昼と夜で違うため、とにかく大変で、特に昼と夜の通しで働くとなったら、最初は混乱してしまう従業員もいたという。 うまかもんのお昼の人気メニュートップ3は、ちゃんぽん、カレー、ハンバーグプレートだと言う。その中でもちゃんぽんは昼と夜どちらでも人気のオススメメニューだそうなので、訪れた際には是非味わって 欲しい。 夜は、焼酎を中心とした居酒屋メニューになっていて、中でも一押しは本格炭火焼の焼き鳥だそうで、ほかにも共同経営者の木森さんが九州の福岡出身ということで、福岡ならではの料理をメインに置いているという。 また、ここでは様々な種類の焼酎を15種類ほど 、実際に九州の酒蔵を訪問して選んだ芋焼酎や熊本の球磨焼酎などを揃えていて、お客さんの要望に応じてラインナップを少しずつ変えているそう。アメリカには焼酎をメインで揃えているお店は多くないので、焼酎好きな人にはたまらないお店かもしれない。 うまかもんでは、家族連れの人達や小さいお子さんがいる人達も楽しめるように、定食やお子様ランチなどのメニューもあるそうで、幅広い客層に向けたメニューが展開されている。中でもエビフライ・ハンバーグコンビネーション定食は特に人気で、他にもデミカツ鉄板トンカツをデミグラスソースで和えて、粉チーズをまぶして炙ったものも人気メニューの一つ。 さらに、違うのはメニューだけでなく、昼と夜で違う雰囲気の店にするための工夫もされていて、昼は広い店内に仕切りなどは置かず、開放的な食堂のような雰囲気に、そして夜は、仕切りを置いてプライベート空間を作り出している。今は、日本から来た駐在員の人達が主な客層だが、今後は現地の人にも馴染んでもらえるような店にしたいと本間さんは目標を語ってくれた。そのため、価格は良心的に設定してあり、今は少しでも多くのお客さんに来てもらいたのだと言う。 今後は、今人気のメニューをベースにバリエーションを増やしていくことを考えているそう。全く新しいメニューを増やすのは様々な面で大変と言うことで、新メニューの開発にも本間さんたちの工夫が凝らされている。 2015年にオープンしたばかりで、まだまだ色々な面で試行錯誤の積み重ねだと言う本間さん、しかし今後、自分らの目の届く範囲内、イリノイ州内シカゴ市界隈に2号店を出店したいと言う目標も語ってくれた。 UMACAMON JAPANESE KITCHEN 住所:1673 W ALGONQUIN RD., ROLLING MEADOWS, IL 60008 電話:224-318-2489 営業時間: LUNCH 火曜日~金曜日 11:30AM ~ 2:00PM DINNER 火曜日〜木曜日 6:00PM ~ 11:00PM 金曜日 6:00PM ~ 12:00AM 土曜日 6:00PM ~ 11:00PM 日曜日 5:00PM ~ 11:00PM 定休日:月曜日 http://www.umacamon.com

NYの先鋭エリア
Nomadに生まれた
スタイリッシュな焼鳥居酒屋

TEISUI

NEW YORK, NY

2016年3月18日、ニューヨークの流行最先端エリアNOMADにオープンした日本食レストランTEISUI。「焼鳥」のコースと居酒屋メニューが豊富。フレンチなどの洋食と和食の技術を融合させ、一品一品繊細で彩り鮮やかな料理が楽しめる。 同店は秋田県男鹿半島で歴史ある旅館「海と入り陽の宿  帝水」と同じ経営者であるため、同旅館の屋号をそのまま引き継いでいる。旅館ならではのおもてなしと、情緒あふれる和の落ち着いた空間が迎えてくれる。   TEISUI 住所: 246 5TH AVE., NEW YORK, NY 10001 (Entrance on 28th St.,) 電話:917-388-3596 営業時間: 月曜日~木曜日 5:30PM ~ 10:30PM 金曜日・土曜日 5:30PM ~ 11:00PM 定休日:日曜日 www.teisui.nyc