レストラン日本
Restaurant Nippon
New York, NY

ニューヨークの老舗日本食レストラン。マンハッタンの東52通りレキシントン街と3番街の間にある。季節の小鉢をはじめ、焼き物、会席、寿司、天ぷらなどオーセンティックな日本食を楽しめる。 また、同店では蕎麦を自前で生産し自家製手打ち二八そばとして販売する。静かな落ち着いた座敷は、接待に最適な場所としてビジネスマンの間では評判が高い。毎年、年末にはお正月のおせち料理の注文も行っている。詳細については要問い合せ。 This long-established Japanese restaurant in New York located on East 52nd St, in between Lexington and 3rd Avenues. It’s a place where you can enjoy authentic Japanese food starting with seasonal side dishes, yakimono (grilled dishes), kaiseki cuisine (multi-course banquet meal), sushi and tempura. The restaurant also produces handmade ni-hachi soba (soba containing…

唐獅子牡丹
Karazishi Botan
BROOKLYN, NY

有名ラーメン店、一風堂のラーメンマスター、鐘ヶ江文博氏が、ブルックリンのコブルヒルにオープンしたラーメンダイナー。居心地の良い居酒屋スタイルのインテリアで、従来のラーメン店と一線を画す。ラーメン業界の第一線で長年にわたり学んだ技術と経験を活かし、遊び心溢れる鐘ヶ江シェフが試行錯誤の末に様々な個性あるラーメンとサイドディッシュを作りあげた。 メニューを見るだけで、シェフの独創性がうかがえる。 Ti Amoは、絹のような鶏と牡蠣のスープに、鶏肉のチャーシュー、マッシュポテト、クリスピーベーコンを載せ、新鮮なレモンを絞って食べる爽やかなラーメン。BOTAN特製ポークスペアリブは、バルサミコソースとスパイスを入れた醤油で煮込んでおり、このスパイスをラーメンに混ぜて食べるとまた違ったラーメンが楽しめるので、Ti Amoと一緒に注文してほしい。 また、同店では料理に合う日本酒も豊富に取り揃えている。仕事の後、忙しい都会の風景から離れた場所で夕食をとりたいなら、このリラックスできるラーメン店、”BOTAN”がお勧めだ。 The ramen master from the well-known ramen brand Ippudo, Fumihiro (Foo) Kanegae, is opening up a new ramen diner in Cobble Hill, Brooklyn. Don’t be fooled by the cozy izakaya-style interior, this is not the conventional ramen joint that you’re expecting. Taking his experience from Ippudo and techniques he…

マウントフジ・ジャパニーズ ステーキハウス
MT. FUJI
JAPANESE STEAKHOUSE
HILLBURN, NY

ニューヨーク郊外のビルバーンに位置する同店は2019年12月で50周年を迎える。ここは日本なのかと錯覚してしまうほど日本の伝統的雰囲気を醸し出す老舗和食レストラン。広大な敷地の入り口にある巨大な鳥居が一際目を引き、敷地内のあらゆる場所で日本を感じることが出来る。 HIBACHI料理の先駆け的存在として、アメリカの和食文化の形成に大きな役割を果たしたとも言える同店は、味もパフォーマンスも一流。ステーキや寿司、一品料理など食事のメニューも充実しており、お酒の種類も豊富なので、友人や家族での食事はもちろん、会食や接待などさまざまなシーンで利用出来る。新たにY’s Loungeもオープン。 ウェディングパーティーなど、大人数でのパーティーも受け付けている。お正月はカウントダウンイベントも実施。味も見た目も十分に楽しめること間違いなしの同店にぜひ足を運んでもらいたい。   Located on the outskirts of New York, this restaurant had just celebrated its 50th anniversary in December 2019. This long established restaurant that serves Washoku (traditional Japanese cuisine) is known for its traditional Japanese scenery and atmosphere that leave them feeling like they’re in Japan. Once you passed the massive…

つるとんたん
Tsurutontan
NEW YORK, NY

大阪発の関西風うどんのお店。本格的なうどんにこだわり、材料は日本で使用しているものと同じもの輸入して使用する。しっかりとした出汁を取り、つるとんたんの味を出すために日本から職人も呼び寄せ最高の一杯を提供する。うどんだけではなく、仕事帰りにふらっと立ち寄りたくなるような居酒屋メニューなども豊富に取り揃える。 パーティ、宴会も受け付けており、格子などで区切られたセミプライベートの店内は、シックな雰囲気の中、友人同時やビジネス会食にも利用しやすい。また最大で250人まで受け入れができる大きな空間は会社のイベントなどにも重宝され、様々なイベントパッケージを用意している。週末には家族向けのメニューも登場する。 他にユニオンスクエア店、ハワイ店と近日オープンしたのボストン店がある。 “Tsuru”—The sound of slurping noodles “Ton”—The sound of kneading and shaping udon “Tan”—The sound of cutting udon Coming straight from Osaka, this Kansai style udon is a real deal for sure. Aromatic bonito flakes, and savory kombu kelp: using ingredients directly imported from Japan along with locally grown vegetables and meats, TsuruTonTan aims…

三宝亭
SANPOUTEI
New York, NY

煮干系醤油ラーメンを看板メニューとする新潟県発のラーメン店、三宝亭がニューヨークのリトル・トーキョーとも言われるイーストビレッジでデビューした。 同店の看板メニューであるラーメン、ギョウザをはじめ、アペタイザーである鮪と雲丹の重ね寿司、メインの和牛ステーキなど、豊富なメニューが揃っている。50席の店内は高級感溢れるモダンな内装で、ラーメン店とは思えない雰囲気だが、本格的な日本のラーメンがリーズナブルな価格で味わえる。 新潟県産の日本酒と共に楽しみたい。 All the way from Niigata Japan, SANPOUTEI -Gyoza & Ramen- debut in New York with its signature shoyu ramen featuring niboshi broth. This 50 seats ramen joint located in East Village, where it has become known as New York City’s “Little Tokyo.” From the signature ramen and gyoza, to appetizers like kasane…

車すし
KURUMAZUSHI
NEW YORK, NY

1977年の創業以来、寿司のみのメニューで伝統を守り続けている老舗寿司屋。 新鮮なネタの本格的江戸前寿司はいつ訪れても納得がいく美味しさ。同店でしか食べられない貴重なまぐろの5種類の部位は試す価値あり。店主かつ寿司職人として50年磨き上げられた確かな腕をぜひ「おまかせ」で堪能したい。貸切可。1部屋(3-8名)。 Opened since 1977, the long-established sushi place preserved its tradition of keeping a sushi-only menu. Whenever you visit, the authentic Edo-mae sushi made with fresh ingredients will never let you down. The five different cuts of the tuna that can only be eaten here at Kurumazushi will worth your visit. You’re sure to…

鈴木/皐/スリーピラーズ
SUZIKI / SATSUKI / THREE PILLARS

ニューヨークのロックフェラーセンター駅から徒歩圏内にある。 懐石料理の鈴木、寿司の皐(さつき)、そしてバーのスリーピラーズの3店舗が隣接しており、それぞれがこだわりを持ちながらファンを増やしている。 特に皐では、オープン以来2年連続でミシュランの星を獲得しており、鈴木シェフの握る寿司を求めて多くの人が訪れる。 現在は、多くの要望に応える形で、鈴木のダイニングでもお寿司が食べられるようになった。 また、鈴木の懐石料理は季節の食材を活かした献立となっており、毎月山本シェフが時間をかけて考えたものとなる。 鈴木には14名が入れる落ち着いた雰囲気の個室が用意され、会食や接待、パーティなどでおもてなしの心を伝えるのに最適な空間となっている。 SUZIKI / SATSUKI / THREE PILLARS 住所:114 W. 47th Street, New York NY 10036 電話:212-278-0010 (SUZUKI)    212-278-0047 (SATSUKI) WEB:https://www.suzukinyc.com 定休日:日曜日 月〜金 11:30〜14:30(ランチ)/17:30 〜22:30(ディナー) 土   17:00〜22:30

ここでしか食べられない!
もみじこだわりのメニュー

MOMIJI
JAPANESE RESTAURANT

HARRISON, NY

1982 年からニューヨーク郊外ハリソンにて長年、地元民に愛されるお店を営んできたもみじレストラン。慎二さんが、長い歴史を持つ当店を元オーナーから引き継いだのは2年前のこと。以来、自分らしいオリジナリティを加え新生もみじレストランを誕生させた。 「うちは小さいお店なので、メニューになくてもなるべくお客さんが食べたいものを作るようにしています。例えば、おにぎりやお好み焼きが急に食べたくなることってあると思うんですけど、言ってくれればなんでも作りますよ。お寿司もリクエストベースで、それぞれのお客様お好みのオリジナルロールを作っています。John Thomasという常連のお客様がいるんですが、彼のリクエストしたお寿司を名前からJTロールと名付け、サプライズでメニューに載せたこともあるんです」。 今ではマーケットやデリなどで、そこら中に溢れるお寿司。簡単に手に入る時代になったからこそ、「ここに来ないと食べられない!」にこだわる。また、豊富に取りそろえるお酒にも「ここに来ないと飲めない」にこだわり、日本酒や焼酎をベースにしたオリジナルカクテルがユニークだ。 「リピーターのお客さんが多いので、飽きられないよう新しいオリジナルメニューを常に考えています。新しい料理を創作したらお客さんに食べてもらって率直な感想を聞き、感触がよかったらメニューに加えていっています。お客さんからアイデアを頂き、一緒にメニューを作り上げていってる感じですね」。 お勧めの一品は天ぷらだ。専用の天ぷら鍋を用い、ひとつひとつ温度を見ながら揚げるため、サクッと仕上がり、こだわりの味を楽しめる。そしてこれからの季節は何といっても鍋料理。鍋もお好みでリクエストに応えてくれるという。また20年来、自家製おせち料理も数量限定で販売している。味気ない米国での元旦に、今年はもみじのおせちで彩をそえてみては。ほかほか弁当も販売中。   MOMIJI JAPANESE RESTAURANT 住所: 261 HALSTEAD AVE., HARRISON, NY 10528 電話:914-835-1078 営業時間: LUNCH 月曜日~金曜日 11:30AM〜2:00PM 土曜日・日曜日 12:00PM〜2:00PM DINNER 月曜日~日曜日 5:30PM〜10:00PM 定休日:火曜日 https://www.momijirestaurant-ny.com

現地の食材を活かした
新感覚の日本食を

MIFUNE

NEW YORK, NY

ニューヨークのグランドセントラル近くに店をかまえる和食レストランMIFUNE New York、そしてその地下には今年7月にオープンしたばかりのSushi AMANE がミシュランで星を獲得して、これからさらに注目が集まるレストラン。オフィス街にあることもあり、客層はビジネスマンが多く、またリピーターも多い。 同店では、吉武広樹さんをメニュープロデューサー、フランスのギー・サヴォワでも腕をふるっていたフレンチの肉料理を得意とする島野雄さんをシェフに迎えて和食とフレンチを融合させた絶品料理を提供する。また、バースペースもあり、MIFUNEオリジナルのカクテルを楽しむことができる。ここでふるまわれるカクテルはTales of the Cocktail「International Bartender of the Year 2017」を受賞した後閑信吾さんがMIFUNEのメニューに合うようプロデュースしている。 MIFUNEの3つのコースメニューは、8品コースのChef’s Tasting Menu、6 品コースのMIFUNE Tasting Menu、そして5品コースのVegetarian Tasting Menuで、季節ごとに変わるメニューが楽しめる。 同店は三船プロダクションと協力で運営していて、店の名前であるMIFUNE の由来も、俳優の三船敏郎からきている。そのため、店内のデザインは三船敏郎をイメージした豪快かつ繊細なつくりになっている。今回米国進出が初めてだったため、苦労も多かったというゼネラル・マネージャーの森嶋さん。「苦労した分、これからしっかりと皆様に喜んでいただけるお店をつくっていきます」と今後の展望を話してくれた。海外での日本食の波が来ている今、これからが勝負の年になりそうだ。 和食レストランの同店だが、料理に使う素材はできるだけ現地のものにこだわっているという。シェフ自らファーマーズマーケットに行って食材を仕入れることも。こういったこだわりがMIFUNEのおいしさの秘訣なのかもしれない。ニューヨークのものを使って、日本食を作り、そこにフレンチのテイストも少し入れることでどうなるか、常に新たな可能性に挑んでいる。 インテリア 赤海老の炙り キャビア和え 帆立の冷製カルパッチョ カブの柚味噌ソース 銀鱈の西京焼き パルメザンフォーム 燻製ラムチョップ 黒ニンニク味噌ソース フォアグラ卵かけご飯 ジェネラル・マネージャー 森嶋博之氏/シェフ 島野雄氏 外観 MIFUNE 住所: 245 EAST 44TH ST., NEW YORK, NY 10017 電話:646-581-4702 営業時間: LUNCH 月曜日~金曜日 11:30AM〜2:30PM DINNER 月曜日~土曜日 6:00PM〜11:30PM 定休日:日曜日 https://www.mifune-restaurant.com

全米での
フランチャイズ化を目指す

GO GO CURRY, USA

NEW YORK, NY

店が増えるということは従業員の成長があるからこそ 5年で55件、10年で555件、全米フランチャイズ化を目指す 2012年に『金沢カレー』を代表する人気チェーン店「ゴーゴーカレー」に就任した大森社長。かつては女優、テレビ局、そしてニューヨークのフード専門のフリーマガジン「CHOPSTICKS NY」のディレクターを努めたりなど、経歴は華々しい。就任後は、次々と多店舗展開を促進。今や東海岸を中心に7店舗へと拡大。今後のビジネス展開について聞いた。 大森さんが「ゴーゴーカレー」に初めて出会ったのは2003年の石川県主催のパビリオンだった。「私も石川県出身ですが、全く金沢カレーが有名だということはその時には知らなくて。そこでニューヨークに出店が決まっていることを聞いたんです。社長の宮森が、同郷出身の元ヤンキースの松井選手に憧れてお店をオープンしたというエピソードからも、とても変わった人だなって思いました(笑)」それからお互い同郷ということもあって、宮森社長とは県人会などを通じてしばらく友人関係が続き、その間にあのリーマン・ショックがやってきた。 不況に強いビジネスって面白い 「私がCHOPSTICKS NY で働き始めてから1年後でした。不況が来ると毎日食べないといけない食事にかける金額はどうしても下がってきますよね? その時、「ゴーゴーカレーは強い」と思ったんです。100年に一度のこの大不況を乗り越えたら怖いものはないなと。」ゴーゴーカレーが米国でも人気の理由は一番が味、そしてスピード、プライスと続く。不況という経済的ピンチに、美味しくて安くて気軽に食べられるという強みがここで発揮された。それから3年後、ちょうどCHOPSTICKS NY が黒字になりつつあり、システム化してきた時に宮森社長から「一緒に全米展開しませんか?」というお誘いが来た。「不況だった時もお誘いは頂いてたんですけど、自分が作ったマガジンなので思い入れもあって、途中で放り出せないということで断っていたんです。でも店舗拡大というシステムで考えたとき、初めてビジネスの芽が見えたんです」 次のステップはフランチャイズ化 現在のところ、全7店舗が直営店。「社員を48人抱えているともうファミリーという感じですね。従業員は子供たちみたいもの。パーソナルな問題を抱えても一緒に解決していきたいし守っていきたい。こうやってお店を増してもらっているのもその従業員たちの成長があるからです。成長しているんだから一スタッフのままではダメ。マネージャーになる。そのために新しい店舗を増やすという感じです」。 次のステップはフランチャイズーー5年で55件、10年で555件がこれからの目標だという。近年はフランチャイズ化を念頭に置きながら、ゆっくりきちんと人を育てながらフランチャイジーという立場になって店作りを行ってきた。「ひとつの物件を探すために現地に何ヶ月もいても効率が悪いし、地方ごとにカルチャーも全く違う。そういう面でもフランチャイズという仕組みを使って地元の人に運営してもらった方がいいわけです。」 指針としては、全米カナダに美味しいカレーを手頃に提供することによって人々の生活を豊かにし、従業員の幸せを守ること。「これだけ大きな数字を目標に掲げたからには純利益もその分上げないといけない。そうしなければ、従業員たちに豊かな生活をさせてあげられないんです」。従業員のことを考えた職場環境づくりが大切だということを強調した。 Go Go Curry USA, Inc., President & CEO 大森智子 氏 GO GO CURRY USA, INC. TIMES SQUARE 273 W. 38TH ST., NEW YORK, NY 10018 電話:212-730-5555 WASHINGTON SQUARE PARK STADIUM 231 THOMPSON ST., New York, NY 10012 電話:212-505-2555 WORLD TRADE…