友貴レストラン
YUKI JAPANESE RESTAURANT
BOWLING GREEN, KY

ケンタッキー州65号線沿いボーリンググリーン、22番の出口を下りてすぐ。東はサマーセット、西はビーバーダム、南はナッシュビル、北はエリザベスタウン辺りから本格的な日本食を求めて人が集まる。近くにボーリンググリーン大学があり、現地の学生や家族連れ、カップルにも人気。 「日本の味をそのまま」というオーナーシェフの想いから、様々なものがメニューに並ぶ。握り寿司をはじめ、つぶ貝のバター焼きといった一品料理から、鍋焼きうどんやカツ丼は、日本人にもアメリカ人にも大人気。会合や接待にも利用できるようスペースが設けられており、近隣の日系企業などの会食にも利用されている。 Sitting right next to I-65 in Bowling Green, KY, just off exit 22, with Somerset on the East and Beaver Dam to the West; Nashville to the South and Elizabethtown to the North, people came from around town gather here just to fulfill their cravings for authentic Japanese food. With Bowling Green University…


TAKUMI

日本食ならデラウェア州ウィルミントンで一番と評判のレストラン。 東京、神戸のインターナショナル五つ星ホテル・レストランで、数々のトップシェフに信頼され厳しく仕事してきた大久保シェフが、その経験を活かし、目利きがきいた新鮮で贅沢な食材をふんだんに使って調理する。 丁寧な仕事のすしは本格的な江戸前寿司。 手のこんだ鮮やかな刺し身とアペタイザー、すき焼き、寄せ鍋、アジアンフュージョン創作料理まで、ありとあらゆる好みにこたえてくれる。 日本酒、カクテルの種類も豊富で、フレンドリーなサービスが居心地いい。明るく広くゆったりした店内は大人数のパーティーにもぴったり。 TAKUMI 住所:Independence Mall 1601 Concord Pike Wilmington, DE 19803 電話番号:(302) 658-8887 WEB:http://besttakumi.com 定休日:なし 月~木 11:30am – 10:00pm 金~土 11:30am – 11:00pm 日 12:00pm – 9:00pm

楽家
RAKUYA – JAPANESE KITCHEN + BAR

地下鉄デュポンサークル駅から徒歩1分。各国の大使館が点在するこの地で、20年以上愛され続けている創作和食ダイニング。本間勝シェフのひとひねり効いた和食メニューで、他の和食フュージョンレストランとは一線を画す。人気メニュー「銀鱈の西京焼き もろ味噌マスカルポーネ」を始め「スズキのグリル レモンとだしのバターソース」など、食べてみたくなるメニューばかりである。 広い店内は団体での利用も可能。メニューを含め柔軟に相談に応じてくれるので、ビジネスシーンはもちろん、プライベートでも利用したいレストランだ。また、ランチタイムには、弁当やセットメニューもあるので、気軽に立ち寄りたい。 レストランのタイプ:(創作和食レストラン) 所在地:1900 Q ST N, WASHINGTON, DC 20009 電話:(202) 265-7258 営業時間:月曜日~木曜日 11:30AM-2:30PM、4:00PM-10:00PM 金曜日 11:30AM-2:30PM、4:00PM-10:30PM 土曜日 12:00PM-10:30PM、日曜日 5:00PM-9:30PM 定休日:なし ランチ:月曜日~土曜日 個室:あり パーティー対応:25名以上~30名まで 席数:バー18席 テーブル60席 おまかせ・コース:あり(24時間前に要予約) BYOB:なし ウェブサイト:https://www.rakuyarestaurant.com/  

旬の食材を生かした
日本の伝統的な料理を楽しむ

SHINBASHI RESTAURANT

NEW YORK, NY

1970年に開業し、3世代続くニューヨークの老舗レストラン。天ぷら、刺身、麺類など日本の伝統的な料理からロブスター天ぷら巻、寿司ピザ、など の創作料理まで豊富なメニューが揃っている。季節の酒や各種焼酎、クラフトビールなどドリンクメニューも充実している。季節ごとに特別メニューが用意され、旬の食材を生かした料理が楽しめる。約80席のメインフロアーと寿司カウンターの他に地下には50人収容可能な完全個室のバーラウンジがあり、貸し切りの場合、200名まで食事が可能。友人、家族の食事から同窓会、会議等、様々な目的で利用できる。 SHINBASHI RESTAURANT 住所: 7 E 48TH STREET NEW YORK, NY 10017 電話:212-813-1009 営業時間: LUNCH 月曜日~金曜日 11:30AM ~ 2:30PM DINNER 月曜日~金曜日 5:30PM ~ 10:00PM 土曜日 5:00PM ~ 9:30PM 定休日:日曜日 http://shinbashinyc.com

ここでしか食べられない!
もみじこだわりのメニュー

MOMIJI
JAPANESE RESTAURANT

HARRISON, NY

1982 年からニューヨーク郊外ハリソンにて長年、地元民に愛されるお店を営んできたもみじレストラン。慎二さんが、長い歴史を持つ当店を元オーナーから引き継いだのは2年前のこと。以来、自分らしいオリジナリティを加え新生もみじレストランを誕生させた。 「うちは小さいお店なので、メニューになくてもなるべくお客さんが食べたいものを作るようにしています。例えば、おにぎりやお好み焼きが急に食べたくなることってあると思うんですけど、言ってくれればなんでも作りますよ。お寿司もリクエストベースで、それぞれのお客様お好みのオリジナルロールを作っています。John Thomasという常連のお客様がいるんですが、彼のリクエストしたお寿司を名前からJTロールと名付け、サプライズでメニューに載せたこともあるんです」。 今ではマーケットやデリなどで、そこら中に溢れるお寿司。簡単に手に入る時代になったからこそ、「ここに来ないと食べられない!」にこだわる。また、豊富に取りそろえるお酒にも「ここに来ないと飲めない」にこだわり、日本酒や焼酎をベースにしたオリジナルカクテルがユニークだ。 「リピーターのお客さんが多いので、飽きられないよう新しいオリジナルメニューを常に考えています。新しい料理を創作したらお客さんに食べてもらって率直な感想を聞き、感触がよかったらメニューに加えていっています。お客さんからアイデアを頂き、一緒にメニューを作り上げていってる感じですね」。 お勧めの一品は天ぷらだ。専用の天ぷら鍋を用い、ひとつひとつ温度を見ながら揚げるため、サクッと仕上がり、こだわりの味を楽しめる。そしてこれからの季節は何といっても鍋料理。鍋もお好みでリクエストに応えてくれるという。また20年来、自家製おせち料理も数量限定で販売している。味気ない米国での元旦に、今年はもみじのおせちで彩をそえてみては。ほかほか弁当も販売中。   MOMIJI JAPANESE RESTAURANT 住所: 261 HALSTEAD AVE., HARRISON, NY 10528 電話:914-835-1078 営業時間: LUNCH 月曜日~金曜日 11:30AM〜2:00PM 土曜日・日曜日 12:00PM〜2:00PM DINNER 月曜日~日曜日 5:30PM〜10:00PM 定休日:火曜日 https://www.momijirestaurant-ny.com

日本の優しい味の
定番日本料理を

SHIKI

BROOKLINE, MA

ボストンの日本人の間でも評判の本格日本食が食べれる居酒屋レストラン。ランチのミニ懐石はモダンなお皿に茶碗蒸しや天ぷら刺身などがきれいに盛り合わせて登場。松・梅・竹と3段階から選べる。夜は豊富な種類のタパスから選べる居酒屋メニューの天ぷら、うな丼など、また寿司刺身も人気料理。優しい味の定番料理が堪能できるアカデミックな街にある小料理屋。 SHIKI 住所: 9 BABCOCK ST., BROOKLINE, MA 02446 電話:617-738-0200 営業時間: LUNCH 火曜日~日曜日 12:00PM ~ 3:00PM DINNER 火曜日~木曜日 5:30PM ~ 10:00PM 金曜日・土曜日 5:30PM ~ 11:00PM 日曜日 5:30PM ~ 9:30PM 定休日:月曜日 http://shikibrookline.com

快挙!
ミシュラン
星獲得

TEMPURA MATSUI

NEW YORK, NY

天麩羅まつ井 アメリカ大戸屋が運営する本格天婦羅専門店「天婦羅まつ井」がニューヨークにオープンし4か月が経ったが、今なおその話題性と共に快進撃が続く。「ミシュランガイド」のニューヨーク2016年版で1つ星を獲得したのだ。素材の質、技術の高さと味付けの完成度、独創性、コストパフォーマンス、料理全体の一貫性が評価されての獲得となる。 まつ井の天婦羅は何が違うのか。一番に言えるのは熟練の天婦羅職人のその腕だろう。そして素材へのこだわり。海老やキス、アナゴなどは築地から空輸するという徹底ぶりだ。また、野菜はアメリカの農場から選び抜かれた野菜のみが使われる。 チーフ・エグゼクティブシェフの松井氏は、有名日本料理店「なだ万」で活躍された天婦羅職人で、その腕は国宝級とも呼ばれる名人である。その松井氏を師匠に持つ加藤慎料理長にお話を伺った。加藤シェフは「なだ万」での天婦羅、日本食全般で20年以上のキャリアを持つ職人で、松井氏から一緒にニューヨークでやろうと誘われ、渡米を決意。 「うちは外国人客が7割程度を占めます。みなさん、日本ツウな方たちばかりで、天婦羅の揚げ方に興味がある様子で、油は何を使っているのかなど聞いてくるお客様が多いですね。特にウニの湯葉巻きやホタテの磯部揚げが人気があります。リピーターの方もすでにいらっしゃいますが、今後より多くの客層のお客様に天婦羅を楽しんでもらいたいと思います」。加藤シェフが天婦羅職人を目指すきっかけとなったのは、高校時代のうどん屋さんでのアルバイト。そこからの長く厳しいトレーニングの末のミシェラン獲得は、何より嬉しい勲章となる。師匠・松井氏からのアドバイスはただ一言「お客様を喜ばせて!」。この言葉を胸に、米国産のオリジナル野菜を使った新しい天婦羅に挑戦したい、と次なる試みを語ってくれた。 今の季節、白子やししゃもなど旬の食材を用いた料理「天婦羅懐石(200ドル)」が楽しめる。また接待に利用できるVIPルーム(完全個室・カウンター5席)も用意されている。     TEMPURA MATSUI 住所: 222 EAST 39TH ST., NEW YORK, NY 10016 電話:212-986-8885 営業時間: LUNCH 火曜日~金曜日 11:45AM ~ 2:15PM 土曜日 12:00PM ~ 2:30PM DINNER 月曜日~土曜日 5:30PM ~ 9:45PM 定休日:なし www.tempuramatsui.com