シカゴカルビ レストラン
CHICAGO KALBI RESTAURANT
CHICAGO, IL

日本のメジャーリーガーやメディアの人にもリピーターが多いという、シカゴで焼肉といったら必ず名前が挙がる焼肉レストラン。 店内には、同店を訪れたアスリートたちの数えきれないほどのサインボールや写真で溢れている。 韓国街にありながら、半数以上が日本人客であり、日本の焼き肉レストランにいる気分になれる。九州産カルビなどの上等な肉や、日本では食せない新鮮なユッケが味わえる他、本格的な石焼ビビンバも外せない一品だ。 個室もあり、ゆっくりと宴会を楽しむこともできる。 This historically Korean BBQ restaurant has gained a lot of traction in the Japanese community. With thousands of signed baseballs and photographs of major league baseball athletes, don’t be too surprised if you see your favorite major league player eating a bibimbap right beside you. The whole dining experience here at…


TAKUMI

日本食ならデラウェア州ウィルミントンで一番と評判のレストラン。 東京、神戸のインターナショナル五つ星ホテル・レストランで、数々のトップシェフに信頼され厳しく仕事してきた大久保シェフが、その経験を活かし、目利きがきいた新鮮で贅沢な食材をふんだんに使って調理する。 丁寧な仕事のすしは本格的な江戸前寿司。 手のこんだ鮮やかな刺し身とアペタイザー、すき焼き、寄せ鍋、アジアンフュージョン創作料理まで、ありとあらゆる好みにこたえてくれる。 日本酒、カクテルの種類も豊富で、フレンドリーなサービスが居心地いい。明るく広くゆったりした店内は大人数のパーティーにもぴったり。 TAKUMI 住所:Independence Mall 1601 Concord Pike Wilmington, DE 19803 電話番号:(302) 658-8887 WEB:http://besttakumi.com/de/ 定休日:なし 月~木 11:30am – 10:00pm 金~土 11:30am – 11:00pm 日 12:00pm – 9:00pm

日本茶カフェ
雪月華 Setsugekka

ニューヨークの若いエネルギーがみなぎるイーストビレッジの一角に、街を切り取るように静かな空間は、Tea-Whisk の最高経営責任者(CEO)森絢也(もりじゅんや)氏と茶道家の森宗碧(もりそうへき)氏夫妻の2017年4月にオープンした「雪月華」(せつげっか)。本格的な抹茶がいただける和風カフェで、店内にある京都から取り寄せた石臼を使って碾茶(てんちゃ)から碾いた抹茶も楽しめる。薫り高い抹茶をふんだんに使った抹茶ラテも、若いアメリカ人たちのお気に入りだ。清潔に設えられた京間の畳の部屋はオープンな茶室になっており、ここで茶道のお稽古も行われる。日本製の茶器や茶筅なども展示販売されていて、日本文化に興味を持ったアメリカ人たちにも喜ばれている。 レストランのタイプ:(日本茶カフェ) 所在地:74 E 7th Street, New York, NY 10003 (between 1st & 2nd Ave.) 電話:646-895-9586(日本語) 営業時間:月13:00 – 16:00 18:00 – 20:00      水~金 7:30  – 10:00 13:00 – 16:00  -20:00      土~日 10:00 – 16:30 19:00 -21:00 定休日:火曜日 ウェブサイト:https://www.setsugekkany.com/

NYで味わう本格江戸前鮨
「総合芸術として鮨を楽しんでもらいたい」

SUSHI NOZ

NEW YORK, NY

ニューヨーク州マンハッタンのアッパーイーストサイドに、本格江戸前鮨「SUSHI NOZ」がオープンした。メニューは300ドルのコースのみ。午後6時からと9時からの2回入れ替え制で、全員がカウンター越しにオーナーシェフ阿部望さんの職人技を眺め、会話を楽しみながら食事をするスタイルだ。 メニューは毎日少しずつ変わるが、季節に合わせてその時美味しいものを提供していく───蛍烏賊、金目鯛のたたき、水蛸のさくら煮、蒸し鮑の肝飯、赤座エビのユリ根ピューレ添えをおつまみに、墨烏賊、白海老、桜鱒、赤身、中とろ、牡蠣、雲丹、のどぐろなど、ほとんどが築地から空輸で直送された最高品質の食材だ。こうした食材を、江戸前本来の伝統技法や知恵、経験を活かして最高の状態で食べてもらうことに心を砕く。魚が乾き過ぎることなく一番優しい状態で保てるという理由から氷室も備える。 特筆すべきは、魚の熟成技術(エイジング・フィッシュ)だ。最高品質の魚を丁寧に管理して寝かせ、旨みを最大限に引き出す。手間も時間もかかり、何よりも熟成のピークである食べ頃を見極める目が必要となるが、「魚の種類によっても違いますが、12日〜2週間ほど寝かせると、そこに残るのは本当の旨みだけです」と阿部さんはその必要性を説く。 北海道伊達市出身の阿部さんは、水産加工工場を営む祖父のそばで魚介類を身近に感じながら育った。17歳で料理の道に入り、北海道、東京の寿司屋で修行を積み、ニューヨークに渡ってからはアメリカ人の好む寿司についての知識も身につけた。 「カウンター越しに常に見られているので緊張はしますが、お料理だけでなく、この空間を一つの体験『総合芸術』として楽しんで頂きたいという想いがありますね」と阿部さんは笑顔を見せる。 阿部さんのステージは、店の扉をくぐった瞬間に始まる。香る檜を感じながら、窯元で買い付けた食器や壺がセンス良く置かれた数寄屋造りの空間に通される。そこには風格のある5メートルサイズの檜の付け台、そして神代欅を使用した鴨居が鎮座し、阿部望さんのショーが幕を開ける。   SUSHI NOZ 住所: 181 E 78TH STREET NEW YORK, NY 10075 (BET. 3RD & LEX AVE.) 電話:917-338-1792 営業時間:ディナーのみ 月曜日~土曜日 6:00PM/ 9:00PM(2交代制) 定休日:日曜日 電話:917-338-1792 www.sushinoz.com <電話かウェブサイトより予約>

癒やしとリッチな空間で味わう
極上のアジアン・ビストロ

TY GINGER
ASIAN BISTRO

DUBLIN, OH

オハイオ州の州都コロンバスから車で20分ほどのダブリンに、伝統的な中華料理とタイ料理を見事に融合させたアジアン・フュージョン・レストラン「タイ・ジンジャー」がある。 オーナーであるタイさんが、祖母ジンジャーさんが台湾で経営していたレストランの秘伝のレシピを受け継ぎ、2013年夏に店をオープンした。「アットホームで、みなさんがゆっくりと落ち着いて食事を楽しめる雰囲気作りを心がけています」という言葉の通り、店内には大きな窓から明るい自然光が取り込まれ、そこから見える広大な緑が癒しの空間を与えてくれる。 タイ・ジンジャーの最大のこだわりは「手作り」。でき合いのものを排除し、100%天然素材を使って、手間ひまかけてじっくりと美味しい料理に仕上げていく。新鮮素材という観点から「地産地消」も強く意識したメニューが多く、ローカルで採れた新鮮な素材を、できる限りふんだんに使った料理も特徴のひとつになっている。特に「クリスピー・アーモンド・チキン」、「シャム・ダック」、「ハニー・ウォルナッツ・シュリンプ」、「ブラック・ペッパー・シュリンプ&スキャロップ」などのメニューは人気が高く、料理長のフレディ・ホーさんのテクニックと最高の素材から生み出される料理の数々は、多くの地元客だけでなく、遠方からも足を運ぶファンもいる。 料金は平均10〜30ドルに設定されており、その味やボリュームを考えるとかなりのお得感を味わえる。モダンでスタイリッシュな空間にはフルバーも完備しており、2時から7時のハッピーアワーには、ハウスワインがグラス5ドル、国産ビール2ドルで楽しめる。週末のランチスペシャルも好評で、晴れた日の昼下がりに出かけたくなるお勧めのレストラン。10〜50人規模のコーポレートパーティやプライベート・ダイニングホールでのイベントにも対応しており予算やメニューの選定にも親身に相談に乗ってくれる。 TY GINGER ASIAN BISTRO 住所: 5689 WOERNER TEMPLE RD., DUBLIN, OH 43016 電話:614-889-8885 (要予約) 営業時間: 日曜日~木曜日 11:00AM ~ 9:30PM 金曜日〜土曜日 11:00AM ~ 10:30PM 週末ランチスペシャル(3:00PMまで) 定休日:なし http://www.tyginger.com

自由の女神が見える
バッテリーパークシティに
オープン

MALAYSIAN KITCHEN

NEW YORK, NY

4月18日、温かい天候に恵まれて無事にオープンを迎えた「マレーシア・キッチン」は、本格的なマレーシア料理から寿司バーも提供しており、ゆったりとした空気の流れる海沿いでロケーションも良く、注目のレストランだ。 マレーシア料理はマレイ・中国・インド、歴史的にイギリス・オランダの影響も受けている食のるつぼでもあり、様々な種類の味がこのレストランで味わえる。 おすすめ料理は、「ロティカナイ」と呼ばれるナンのようなふんわりとした香ばしい生地をカレーにつけて食べるメニュー。他にもマレーシアの代表的な焼き飯、「ナシゴレン」、さっぱりとした酸味と甘みがクセになるパパイヤサラダや、伝統的な「サンバルシュリンプ」というスパイスの効いたエビ料理がある。 米国で健康食材が日頃から注目される中、同店は米国栄養士協会からも推薦されるほどのヘルシー・フードを提供しており、食事を楽しめるだけでなく健康にも気を使えるのも嬉しい。 オーナーのカーヴィ・タン氏はこれまでに数々のボランティア活動に参加しており、地元の学校の子供達に遊びを教えたりとコミュニティー活動の支援に取り組む一方で、2013年にニュージャージーにてマレーシア料理店をオープンし、既に2店舗展開している。 ニューヨークでは初出店のため待ちに待ったオープンとなった同店は、マンハッタンのオフィスや高級な住宅ビルが並ぶバッテリー・パークの真横に位置し、テラスからは自由の女神を眺める事ができ海風が気持ちよくあたる。 店内はマレーシアのペナン島を感じさせる壁画アートの壁紙が特徴的。ビジネスの宴会や会食などに便利な個室(20-25名)も用意されており落ち着いて食事ができるため、ミーティングにもぴったりだ。 「次のステップは母国マレーシアにレストランを出店したい。」と語るタン氏、今後の更なる挑戦が楽しみだ。             MALAYSIAN KITCHEN USA 住所: 21 SOUTH END AVE., NEW YORK, NY 10280 電話:212-786-1888 営業時間: 11:00AM ~ 10:00PM 定休日:なし www.malaysiakitchenusa.com