NYのレストラン業界で20年
自身のルーツを料理に込めて

NORIKOH

Manhattan, NY

20年にわたりレストラン業界に携わり、日本食の要素を多く取り入れたアジアン・フュージョンレストランNorikohのオーナーであるクリスティーナ・ノリコ・パンさんが、昨年末マンハッタンのチェルシーにNorikohの2店舗目をグランドオープンさせた。 パンさんは台湾の出身で、日系レストラン業界で働く以前から日本の食や文化との関りがあった。台湾が日本の占領下にあった影響で、パンさんの祖母が日本料理に親しんでおり、そのおばあさんが作る日本食を食べて育った背景がある。家族の歴史的背景を知らずに、パンさんはそれを台湾料理だと思って育った。他の移民の人々と同様に、アメリカンドリームを追って30年以上前に渡米。そして2000年、ベニハナに買収された日本のフュージョンレストランHaru Sushiにホステスとして入社し、レストランオーナーになる旅に出た。パンさんは、Haruの創業者であるバーバラ・松村氏と一緒に仕事ができ、とても幸運だったと言う。彼女はHaruに入社し僅か3カ月でアシスタントマネージャーに昇進した。その後一度Haruを去ったが、2年後にまた配達部門の営業担当者としてHaruに戻り、ピーク時には440万ドルの収益を達成。更に2年後、Haruのタイムズスクエア支店のゼネラル・マネージャーに昇進した。Haruに12年務めた彼女は「自分のために何かをする」と心に決めHaruを退職。資金援助などを殆ど受けずにレストランをオープンすることは困難だったが、2014年、Haruでの経験から得たレストラン経営の知識を活かし、マンハッタンの東 39丁目に最初のNorikohを開店した。 店は当初寿司レストランとしてスタートしたが、当時のメニューで唯一のラーメンであったNorikohラーメンが、顧客の間で人気となり「お客さんが私のラーメンを(他の有名チェーン店と)比較しても好んでくれていると分かり、ラーメンに力を入れるきっかけになった」とパンさんは言い、シェフと協力し現在のメニューにある多種多様なラーメンメニューを作った。更に、彼女のバックグラウンドを表現するため、伝統的な台湾のビーフヌードルスープをメニューに加えた。長年にわたり、市内のアジア料理愛好家の間で人気を博し、Norikoh二店舗目の開店に至った。 レストラン経営について「人が非常に重要」とパンさんは話す。 これまでの経験から、リーダーとしてスタッフ全員にそれぞれの役割を把握させ、全員が同じ足並みであることを常に確認することが重要であると気づいたという。「自分で自分を成功した人だと言いたくありませんが、私を助けてくれる適切な人を見つけることの重要性を私は知っています」とパンさん。Norikohでの相互目標に向かって喜んで協力できるチーム作り、従業員の幸福感を保つことを重視しており「お金は重要ですが、ビジネスを動かしているのは人です。従業員の幸せを保つ鍵は信頼です。規律は求めますが(信頼関係を保つためにも)すべてを監督することはしません」。 レストラン経営で重要なもう1つの要素について、Norikohでは、高品質の食品をリーズナブルな価格で提供するよう努めており、経済が悪化しても品質の維持を重視している。メニューに載せる前に全ての料理を確認し、濃縮物は使わない。料理は全て一から作られている。 「店で出す料理には非常に自信があります。全ての食品が高品質であることを確認し、心を込めて作っています」とパンさん。 Norikohの二店舗目がオープンしたばかりだが、パンさんは既に今後の拡大、チェーン展開も考えている。「実現できるかどうかはわかりませんが、試してみます。引退するまでに、10年、できるだけ大きくしたいです」。 《企業概況ニュース》2020年 4月号掲載

レストラン日本
Restaurant Nippon
New York, NY

ニューヨークの老舗日本食レストラン。マンハッタンの東52通りレキシントン街と3番街の間にある。季節の小鉢をはじめ、焼き物、会席、寿司、天ぷらなどオーセンティックな日本食を楽しめる。 また、同店では蕎麦を自前で生産し自家製手打ち二八そばとして販売する。静かな落ち着いた座敷は、接待に最適な場所としてビジネスマンの間では評判が高い。毎年、年末にはお正月のおせち料理の注文も行っている。詳細については要問い合せ。 This long-established Japanese restaurant in New York located on East 52nd St, in between Lexington and 3rd Avenues. It’s a place where you can enjoy authentic Japanese food starting with seasonal side dishes, yakimono (grilled dishes), kaiseki cuisine (multi-course banquet meal), sushi and tempura. The restaurant also produces handmade ni-hachi soba (soba containing…

つるとんたん
Tsurutontan
NEW YORK, NY

大阪発の関西風うどんのお店。本格的なうどんにこだわり、材料は日本で使用しているものと同じもの輸入して使用する。しっかりとした出汁を取り、つるとんたんの味を出すために日本から職人も呼び寄せ最高の一杯を提供する。うどんだけではなく、仕事帰りにふらっと立ち寄りたくなるような居酒屋メニューなども豊富に取り揃える。 パーティ、宴会も受け付けており、格子などで区切られたセミプライベートの店内は、シックな雰囲気の中、友人同時やビジネス会食にも利用しやすい。また最大で250人まで受け入れができる大きな空間は会社のイベントなどにも重宝され、様々なイベントパッケージを用意している。週末には家族向けのメニューも登場する。 他にユニオンスクエア店、ハワイ店と近日オープンしたのボストン店がある。 “Tsuru”—The sound of slurping noodles “Ton”—The sound of kneading and shaping udon “Tan”—The sound of cutting udon Coming straight from Osaka, this Kansai style udon is a real deal for sure. Aromatic bonito flakes, and savory kombu kelp: using ingredients directly imported from Japan along with locally grown vegetables and meats, TsuruTonTan aims…

三宝亭
SANPOUTEI
New York, NY

煮干系醤油ラーメンを看板メニューとする新潟県発のラーメン店、三宝亭がニューヨークのリトル・トーキョーとも言われるイーストビレッジでデビューした。 同店の看板メニューであるラーメン、ギョウザをはじめ、アペタイザーである鮪と雲丹の重ね寿司、メインの和牛ステーキなど、豊富なメニューが揃っている。50席の店内は高級感溢れるモダンな内装で、ラーメン店とは思えない雰囲気だが、本格的な日本のラーメンがリーズナブルな価格で味わえる。 新潟県産の日本酒と共に楽しみたい。 All the way from Niigata Japan, SANPOUTEI -Gyoza & Ramen- debut in New York with its signature shoyu ramen featuring niboshi broth. This 50 seats ramen joint located in East Village, where it has become known as New York City’s “Little Tokyo.” From the signature ramen and gyoza, to appetizers like kasane…

車すし
KURUMAZUSHI
NEW YORK, NY

1977年の創業以来、寿司のみのメニューで伝統を守り続けている老舗寿司屋。 新鮮なネタの本格的江戸前寿司はいつ訪れても納得がいく美味しさ。同店でしか食べられない貴重なまぐろの5種類の部位は試す価値あり。店主かつ寿司職人として50年磨き上げられた確かな腕をぜひ「おまかせ」で堪能したい。貸切可。1部屋(3-8名)。 Opened since 1977, the long-established sushi place preserved its tradition of keeping a sushi-only menu. Whenever you visit, the authentic Edo-mae sushi made with fresh ingredients will never let you down. The five different cuts of the tuna that can only be eaten here at Kurumazushi will worth your visit. You’re sure to…

鈴木/皐/スリーピラーズ
SUZIKI / SATSUKI / THREE PILLARS

ニューヨークのロックフェラーセンター駅から徒歩圏内にある。 懐石料理の鈴木、寿司の皐(さつき)、そしてバーのスリーピラーズの3店舗が隣接しており、それぞれがこだわりを持ちながらファンを増やしている。 特に皐では、オープン以来2年連続でミシュランの星を獲得しており、鈴木シェフの握る寿司を求めて多くの人が訪れる。 現在は、多くの要望に応える形で、鈴木のダイニングでもお寿司が食べられるようになった。 また、鈴木の懐石料理は季節の食材を活かした献立となっており、毎月山本シェフが時間をかけて考えたものとなる。 鈴木には14名が入れる落ち着いた雰囲気の個室が用意され、会食や接待、パーティなどでおもてなしの心を伝えるのに最適な空間となっている。 SUZIKI / SATSUKI / THREE PILLARS 住所:114 W. 47th Street, New York NY 10036 電話:212-278-0010 (SUZUKI)    212-278-0047 (SATSUKI) WEB:https://www.suzukinyc.com 定休日:日曜日 月〜金 11:30〜14:30(ランチ)/17:30 〜22:30(ディナー) 土   17:00〜22:30

日本茶カフェ
雪月華 Setsugekka

ニューヨークの若いエネルギーがみなぎるイーストビレッジの一角に、街を切り取るように静かな空間は、Tea-Whisk の最高経営責任者(CEO)森絢也(もりじゅんや)氏と茶道家の森宗碧(もりそうへき)氏夫妻の2017年4月にオープンした「雪月華」(せつげっか)。本格的な抹茶がいただける和風カフェで、店内にある京都から取り寄せた石臼を使って碾茶(てんちゃ)から碾いた抹茶も楽しめる。薫り高い抹茶をふんだんに使った抹茶ラテも、若いアメリカ人たちのお気に入りだ。清潔に設えられた京間の畳の部屋はオープンな茶室になっており、ここで茶道のお稽古も行われる。日本製の茶器や茶筅なども展示販売されていて、日本文化に興味を持ったアメリカ人たちにも喜ばれている。 レストランのタイプ:(日本茶カフェ) 所在地:74 E 7th Street, New York, NY 10003 (between 1st & 2nd Ave.) 電話:646-895-9586(日本語) 営業時間:月13:00 – 16:00 18:00 – 20:00      水~金 7:30  – 10:00 13:00 – 16:00  -20:00      土~日 10:00 – 16:30 19:00 -21:00 定休日:火曜日 ウェブサイト:https://www.setsugekkany.com/

NYで味わう本格江戸前鮨
「総合芸術として鮨を楽しんでもらいたい」

SUSHI NOZ

NEW YORK, NY

ニューヨーク州マンハッタンのアッパーイーストサイドに、本格江戸前鮨「SUSHI NOZ」がオープンした。メニューは300ドルのコースのみ。午後6時からと9時からの2回入れ替え制で、全員がカウンター越しにオーナーシェフ阿部望さんの職人技を眺め、会話を楽しみながら食事をするスタイルだ。 メニューは毎日少しずつ変わるが、季節に合わせてその時美味しいものを提供していく───蛍烏賊、金目鯛のたたき、水蛸のさくら煮、蒸し鮑の肝飯、赤座エビのユリ根ピューレ添えをおつまみに、墨烏賊、白海老、桜鱒、赤身、中とろ、牡蠣、雲丹、のどぐろなど、ほとんどが築地から空輸で直送された最高品質の食材だ。こうした食材を、江戸前本来の伝統技法や知恵、経験を活かして最高の状態で食べてもらうことに心を砕く。魚が乾き過ぎることなく一番優しい状態で保てるという理由から氷室も備える。 特筆すべきは、魚の熟成技術(エイジング・フィッシュ)だ。最高品質の魚を丁寧に管理して寝かせ、旨みを最大限に引き出す。手間も時間もかかり、何よりも熟成のピークである食べ頃を見極める目が必要となるが、「魚の種類によっても違いますが、12日〜2週間ほど寝かせると、そこに残るのは本当の旨みだけです」と阿部さんはその必要性を説く。 北海道伊達市出身の阿部さんは、水産加工工場を営む祖父のそばで魚介類を身近に感じながら育った。17歳で料理の道に入り、北海道、東京の寿司屋で修行を積み、ニューヨークに渡ってからはアメリカ人の好む寿司についての知識も身につけた。 「カウンター越しに常に見られているので緊張はしますが、お料理だけでなく、この空間を一つの体験『総合芸術』として楽しんで頂きたいという想いがありますね」と阿部さんは笑顔を見せる。 阿部さんのステージは、店の扉をくぐった瞬間に始まる。香る檜を感じながら、窯元で買い付けた食器や壺がセンス良く置かれた数寄屋造りの空間に通される。そこには風格のある5メートルサイズの檜の付け台、そして神代欅を使用した鴨居が鎮座し、阿部望さんのショーが幕を開ける。   SUSHI NOZ 住所: 181 E 78TH STREET NEW YORK, NY 10075 (BET. 3RD & LEX AVE.) 電話:917-338-1792 営業時間:ディナーのみ 月曜日~土曜日 6:00PM/ 9:00PM(2交代制) 定休日:日曜日 電話:917-338-1792 www.sushinoz.com <電話かウェブサイトより予約>

新感覚の“日系”料理
を提供する

SEN SAKANA
NIKKEI KITCHEN

NEW YORK, NY

今年7月、ミッドタウンにジャパニーズ・ペルービアンレストラン、SEN SAKANAがオープンした。ペルー料理と和食の異色とも言えるフュージョンで、ペルーにルーツを持つシェフと、日本人シェフによって考え抜かれたメニューは日本人の舌にも“きちんと”美味しい。日系人の多く住むペルー料理にニューヨークの感覚が加わった、新感覚の和食を提供している。 これまで30年以上に渡り、ニューヨークでレストランを経営してきたオーナーのアラン氏のレストランビジネスは二本柱だ。会食やバンケットにも対応できるレストラン運営とフード・ケータリングである。「ここのオープンが決まってから実際にオープンできるまで、3年かかりました」とアラン氏。違う三つの物件を繋ぎ合わせた店内でレストランを経営する為のライセンス取得に時間が掛かってしまったのだ。「しかし、この場所は私のビジネスモデルにぴったりだったのです」。地下のキッチンから地上階まで直通エレベーターがあるこの物件が、アラン氏のレストランビジネスのもう一つの柱、フード・ケータリング・ビジネスに合致した。 料理は勿論、店内の砂壁や、格子の引戸、奥に行くほど高まるプライベート感など日本的なインテリア。そして日本国外向けに作られたメイドインジャパンの日本酒を始め、サントリーの米ウォッカ“Ao”をバーに取揃えるなど、レストランのコンセプトとクオリティに徹底的なこだわりが見える。「説明するよりも、食べてみて下さい」と自信を持って提供されるアンデスヤマ・ロールはペルーの民族衣装を思わせる鮮やかな色彩ながら繊細な味が、日本人の私達にも美味しく、新しい。年末の忘年会や、日本からの来客をもてなすレストランとしてチェックしておきたいお店だ。 オーナー Allan Wartski氏 SEN SAKANA -NIKKEI KITCHEN 住所: 28 WEST 44 ST NEW YORK, NY 10036 電話:212-221-9560 営業時間: 月曜日~金曜日 11:30AM ~ 11:00PM 土曜日 5:00PM ~ 11:00PM 日曜日 4:00PM ~ 10:00PM 定休日:なし Home