伝統的な日本食文化に
再びスポットライトをあてる

TSURU TON TAN

NEW YORK, NY

米国市場で、「うどん」のパイオニアを目指して オープン3ヶ月で行列が絶えない人気店となった理由 あの日本の人気うどん専門店「つるとんたん」が遂に、マンハッタンでも有数のレストラン激戦区であるユニオンスクエアに第1号店を今夏にオープンした。米国店を経営・運営を掌るのは、「つるとんたん」の米国進出を機に2015年に設立されたダイニングイノベーション。米国・牛角の新規店舗の開拓・運営に10年以上従事してきた植松氏が同社のバイスプレジデントに就任。これまで培われた現場経験と敏腕の運営力で『うどん』という新たな日本食文化で米国市場の多店舗展開を狙う。 『うどん』というカテゴリーを米国、そして世界に広げていきたい。そうなると世界の中心はどこかと言ったら、やはりニューヨーク。ここはリスクは高いですが、成功したときの効果はどこの都市に比べても大きいんです」と1号店をニューヨークに選んだ理由をこう語る。 オープン直後から連日連夜行列が絶えないほど繁忙店となった。「おかげ様でこっちでもびっくりしています。ディナーだけで500人ぐらいの来客があった日もありました。」宣伝をしていないのにも関わらず、ここまでの盛況ぶりについて植松氏は、米系のメディアの力とブランド力の強さを理由として挙げた。 ダイニングイノベーションUSA ヴァイスプレジデント 植松ジョージ氏 キーポイントは「アジア人」と「ジャパンブランド」 「この場所はユニオン・スクエアカフェというマンハッタンを代表する格式のあるレストランでした。この後継店に日本食のヌードル専門店が入るということで、大手ローカル紙にも取り上げられて、メディアの力の強さを実感しました。それともう一つはブランド力。やはり『ジャパンブランド』というのは強い。特に日本で知ったという若い中国系や韓国系のアジア人の方がもの凄く多いんです。オープン当初は90%がアジア人、その中でも日本人は30%。そしてアメリカ人は40%ほどでした。これは牛角も同じ傾向で、このアジア人をいかにローカルの米国人に移行していけるか、これが成功のキーではないかと思います」。 守るべきところは守る姿勢 「おだしやうどんなどの基本的なところは本物を出していきたい」――つるとんたんは手打ちの讃岐うどんにおだしは京風が特徴的。京都産のかつおぶしで手打ちうどんの高品質、技術に徹底したこだわりを持つ。「讃岐うどんはコシに特徴があります。米国のお客様はこの『コシ』という食感をどう受けられるか心配だったんです。だけど、「これが本場の讃岐うどん」だと、堂々とコシを強調したら『ファーム』『アルデンテ』という表現でメディアが逆にポジティブに取ってくれて。それが評判が良かったのが意外でした」 一方、啜るのが苦手な米国人のためにうどんの長さを変えた。日本が60cmなのに対し、こちらのは45cmと短い。こうして、すべてをアメリカナイズにするのではなく、守るところはきっちり守りながら、必要な部分にローカライズを行う姿勢を取る。 お出汁は日本の味そのまま。京都産のかつおぶしを使用。同店の一番人気は全乗せデラックスうどん。次に人気は甘めの肉たっぷりのすき焼きうどん、ウニ、明太子と続く。またラーメンとは違って日本食のメニューも展開できる。同店には寿司やどんぶりなどのメニューが豊富だ。 全米多店舗展開を狙う 「ゆくゆくはフランチャイズで全米で多店舗展開していく目標があります。我々が筆頭に米国に『うどん』という文化を伝えるパイオニアを目指してやっていきます。うどんイコールつるとんたんと思ってくれたら」 今なぜうどんなのか? 「当店が注目して頂いているのは、タイミング的にもラーメンブームがあったというのが大きいです。ラーメンの次はなんだ?という時期だったので、これがラーメンが流行り出す前だったらどうなっていたかわかりません」つるとんたんのうどんは、器が大きく、彩りあるトッピングで、ジャンルの域を出た華やかさがある。メニューもカレーうどんやクリーム系のうどんなどのバリエーションも幅広い。「すでに米国人の方はラーメンは知っています。ラーメンと違って約35種類という多様なメニューがあるので、他のメニューも試したいということでまた来てくださるんです」。 また、「ワインやカクテルを飲みながらおつまみを食べた後、締めにうどんというのが、米国人のお客様の主な食べ方です。うどんにカクテルは合わないといった既成概念はないんですよね」。日本人が持つ感覚とはまた異なり、どちらかといえば、居酒屋感覚である。 「うどんとそばの違いを良く聞かれますが、うどんは麺自体に味がない分、色んなソースが合うので組み合わせが自由自在なんです。パスタと同じ感覚でメニューの広がりもあってポテンシャルが高いんです」と植松さんはこの『うどん』という既存の素朴な伝統的日本食文化の新たな可能性に大きな期待を寄せる。 地下に製麺室とテーブル席。一階はカウンターとゆったりとできるテーブル席もある。そしてロフト式の二階は14名収容のちょっとしたプライベートな空間が確保されたテーブル席があるので貸し切りでスモールパーティなどに最適だ。 TSURU TON TAN 住所: 21 E 16TH ST., NEW YORK, NY 10003 電話:212-989-1000 営業時間: LUNCH 12:00PM〜3:00PM DINNER 月曜日~木曜日 5:00PM〜10:30PM 金曜日・土曜日 5:30PM〜11:30PM 定休日:なし http://www.tsurutontan.com

いきなりステーキ
NYでの成功の秘密を探る

KUNI’S CORPORATION

NEW YORK, NY

お肉の本場米国で、日本のステーキハウスが太刀打ちできるのか、立ち食いスタイルは米国人には受け入れられないのでは。様々な憶測が飛び交う中、見事これらの懸念事項をいい意味で裏切ってくれた「いきなりステーキ」のニューヨーク初進出。半年経った今なお、行列が絶えない同店の仕掛け人のひとり、槌山 隆社長にお話を伺った。 「ニューヨーク進出には最初から何の不安も感じていませんでした。弊社代表の一瀬の『これはアメリカでうける!』という強い信念から始めたことですし、普通に我々のスタイルがアメリカでも受け入れられる、という前提で準備を進めていました。おかげさまで、特に週末にかけてのディナーの時間帯はまだ行列ができますね。ただ平均の滞在時間は30分程度と短いので、そんなに長い待ち時間にはならないかと思います」。 一号店をニューヨークに決めたのは、一瀬氏の憧れからだと言う。同業他社で最初に成功したBENIHANAのロッキー青木氏が最初にお店を構えたのもニューヨークであったことも、少なからず影響を与えた。 国は違えどメニューは日本と全く同じ。同じレシピと同じサービスをここ米国でも提供する。一番の人気メニューは「リブアイステーキ」。10.6オンス(300グラム)が27ドルで食べられる。一流のお肉をこの値段で食べられるお店を、ニューヨーク内で他に見つけるのは簡単ではない。また7月20日よりハイチェアを導入し、立ち食いエリアと共存する。 「待ち時間のことも考えると、中に入ってからもずっと立ちっぱなしはしんどいと感じる方もいるかと思います。少しゆっくりできるスペースも必要かと思い導入しました。けれど中にはあえて椅子をどかして立って食べるお客さんもいますよ。食べ慣れている方だと立っている方が食事が通りやすいんでしょうね」。 来年中にはニューヨークエリアに20店舗ができる計画だ。すでに新店舗の工事もいくつか進み、その勢いは止まらない。米国では超一流レストランや、逆にダイナー系の経済的レストランは数多く見かけるが、その中間層が手薄。そこにうまく入り込んだのが同店だ。競争相手が少ないため、展開が早く商売的にも面白い。同社のもうひとつの看板レストラン「ペッパーランチ」の米国進出も視野に入れたことがあったが、いきなり一本でいく方が勝算が高いと見込み、今では同店のみの全米展開を狙う。 「アメリカにはまだまだ100万人都市がたくさんありますからね。それらにどんどん進出していきたいと思っています。私はやるべきことを10年単位で考えており、まだスタートしたばかりなので課題が山のようにありますが、ひとつずつ克服し慌てずに進んでいっています。一瀬とも話しているんですが、ニューヨークが成功したら次は全米1,000店舗達成を最終目標に掲げてるんですよ」。 行列を避けたい方、月曜~水曜のランチタイムにぜひ同店を訪れてほしい。 IKINARI STEAK EAST VILLAGE 住所: 90 E 10TH ST., NEW YORK, NY 10003 (on 10th St., bet 3 & 4 Ave.) 電話:917-388-3546 営業時間: 月曜日~日曜日 11:00AM ~ 11:00PM 定休日:なし IKINARI STEAK CHEALSEA 7 AVE 154 7TH AVE., NEW YORK, NY 10011 (bet 19th & 20th St.) 営業時間: 月曜日~日曜日 11:00AM ~…

銀座の本格江戸前を
NY五番街から発信

SUSHI GINZA ONODERA

NEW YORK, NY

高級寿司店「鮨 銀座おのでら」が、「本物の味、おもてなしを銀座から届けたい」という理念を引っ提げて、まさにマンハッタンの<銀座>ともいうべき五番街に上陸した。ここ数年、鮨以外の日本食専門店が増加していたニューヨークで、本格派の江戸前鮨店がオープンしたということで話題となっている。「すべて天然の日本直送の魚を使用した江戸前寿司です」と寿司料理長の齋藤正樹氏。昨年の秋まで香港店で鮨シェフを務め、この度のニューヨーク店のオープンにあたり、料理長として抜擢された。 おまかせは300ドル〜と、鮨店の中でも高級の部類に入る。「最高級な食材を使っていれば、美味しいのは当たり前なんです。そこにどれだけの愛情を持って手間をかけるかです」。江戸前鮨の基本に徹して、切ってそのまま出すということはせず、なかには一週間かけて寝かせたりなど仕込みに手間ひまをかける。そうすることで脂の質や身の旨味を引き出してクォリティを高める。 さらに「私たちは、食事というわずかな時間を楽しませることができるエンターテイナーでなければいけないんです」。 お客さんひとりひとりを見ながら「おまかせ」で出す鮨のネタをその場で決める。飲酒をするかしないかによって、前菜と鮨の量の比重を変えたり、連れてくる人によって、会話の内容や接客のバランスを変える。こうして、色々な角度からお客さん像を見たうえで、きめ細かい対応ができ、接客の付加価値を付ける。世界各地から来た様々な人種の客を相手に場数を踏んできた、齋藤氏の誇れる技術でもある。 ここニューヨークでしか出さないメニューはやるつもりはないという。ローカル色を持つよりも、「まだ大勢いる鮨を知らない人たちに『本物』を伝えたい」と語る。 LA店ジェネラル・マネージャーの高木氏は「『お店の外を出たらニューヨーク。お店の中に入ったら日本』という、味はもちろんのこと、本物のおもてなしを銀座から届けたい」という海外事業が掲げるコンセプトを語った。 当店を経営する株式会社LEOCは、銀座に3店舗、そしてわずか3年でハワイ(2店舗)、香港**、パリ(2店舗)、ロンドン、上海とニューヨークを含む8店舗の海外展開を果たした。 「当社は2013年に30年を迎えました。さらにこの先の30年を見据えた時、海外事業を展開していくという大きな企業理念があります。ようやく第一歩を踏み出したところです」と高木氏。9月には海外9店舗目のロサンゼルス店も開店し、その勢いは止まらない。 銀座の雰囲気をそのまま五番街で体感できるという贅沢感を楽しめて、なおかつ日本の本物の味とおもてなしで一気に五感が蘇らせてくれる。イベントや会合にぜひ利用したい「特別な」お店になりそうだ。       **香港店は現在休業中です。     鮨 銀座おのでら SUSHI GINZA ONODERA 住所: 461 5TH AVE., NEW YORK, NY 10017 電話:212-390-0925 営業時間: LUNCH 月曜日 ~ 金曜日 12:00PM ~ (Last Seating 1:30PM) DINNER 月曜日 ~ 金曜日 6:00PM ~ (Last Seating 8:30PM) 定休日:日曜日 https://onodera-group.com  

FUTAGOがNYに初出店
A4クラス以上の和牛を堪能

FUTAGO

NEW YORK, NY

東京を中心に30店舗展開する焼肉「FUTAGO」が、ニューヨークに初出店。現在は香港、台湾、ハワイにも出店している人気店。A4クラス以上の和牛を取り扱い、独自のルートで日本から直接輸入しており、肉の質は他店に劣らない自信がある。 人気のおすすめメニューは「はみ出るカルビ」。ハーフパウンドもある肉は4つの部位を一枚で食べられる予約制限定商品(45ドル)。他にも鰹だしが特徴である盛岡風冷麺(6ドル)も人気で来店客のほとんどが注文するという。席数は70 席。ゆったりと会食ができる個室も完備。10回の来店で名前入りのゴールドトングが貰える特典がある。 人気のおすすめメニューは「はみ出るカルビ」   FUTAGO 住所: 37 W 17TH ST., NEW YORK, NY 10011 電話:212-620-0225 営業時間: 5:00PM ~ 11:00PM 定休日:なし www.yakiniku-futago.com

北海道のチョコレート工場から
米国に届けたい

ROYCE’ CONFECT USA

NEW YORK, NY

北海道産のチョコレート「ROYCE’」がニューヨークに初進出したのが2012年。場所は、高級ブランドが並ぶミッドタウンのマディソンアベニュー。 日本の北海道で作られた『ハイクォリティ』のチョコレートは、2001年シンガポールを皮切りに海外展開を進め、世界の最高級なモノが集まるこのニューヨークについに進出した。4年が経ち、現在はその他、ニュージャージと5店舗目がつい先日ラスベガスにオープン。今後も、ボストン、シカゴなど都市部を中心にさらに店舗拡大を視野に入れている。 「チョコレートといったらベルギーなどヨーロッパのブランドが有名なので、アメリカ人にとって、メイドインジャパンのチョコレートと聞いても、イメージが結びつかない。でも、美味しさや価値の高いハイエンドな魅力は、一度、ROYCE’ のチョコレートを口にしたら、すぐに納得して頂いています」と同社マネージングディレクターのケン・ロマニシュンさんは言う。 ROYCE’ は1983年に北海道で創業。1999年に開設したふと美工場で製造されたチョコレートは、衛生管理、そして安心した製品づくりを心がけている。そのクォ商品は直接北海道から送り届けている。 「従業員のユニフォームからあらゆる設備までの衛生管理は素晴らしいです。まるでコンピューターのマイクロチップの製造工場に匹敵するほど。アメリカに住む方にROYCE’ の工場ツアーに招待して、どれだけの繊細な配慮や手間をかけて製品が作られるかをぜひ見て頂きたいくらいです」。 ROYCE’ のチョコレートの特徴は素材へのこだわり。世界中から厳選したカカオや洋酒、ナッツなどを各チョコレートの個性に応じて使い分けている。 主要商品の生チョコレートには、酪農で名高い北海道の生クリームをふんだんに使い、なめらかな口どけをかなえている。人気商品は、やはり今米国で話題の「MACCHA」味のすべての商品だという。米国では甘さを抑えられた抹茶味のチョコレートが、特に好まれている。 「アメリカ人は甘いチョコレートが好きというイメージがありますが、人によって甘くないチョコレートを好む人も多いんです。アメリカのあらゆる層の人に向けて、ROYCE’のチョコレートの素晴らしさを伝えていきたいです。」と語った。   ROYCE’ CONFECT USA 住所: 509 MADISON AVE., NEW YORK, NY 10022 電話:646-590-0650 営業時間: 月曜日~金曜日 9:30AM ~ 7:30PM 土曜日・日曜日 10:30PM ~ 7:00PM 定休日:なし www.royceconfectusa.com

自由の女神が見える
バッテリーパークシティに
オープン

MALAYSIAN KITCHEN

NEW YORK, NY

4月18日、温かい天候に恵まれて無事にオープンを迎えた「マレーシア・キッチン」は、本格的なマレーシア料理から寿司バーも提供しており、ゆったりとした空気の流れる海沿いでロケーションも良く、注目のレストランだ。 マレーシア料理はマレイ・中国・インド、歴史的にイギリス・オランダの影響も受けている食のるつぼでもあり、様々な種類の味がこのレストランで味わえる。 おすすめ料理は、「ロティカナイ」と呼ばれるナンのようなふんわりとした香ばしい生地をカレーにつけて食べるメニュー。他にもマレーシアの代表的な焼き飯、「ナシゴレン」、さっぱりとした酸味と甘みがクセになるパパイヤサラダや、伝統的な「サンバルシュリンプ」というスパイスの効いたエビ料理がある。 米国で健康食材が日頃から注目される中、同店は米国栄養士協会からも推薦されるほどのヘルシー・フードを提供しており、食事を楽しめるだけでなく健康にも気を使えるのも嬉しい。 オーナーのカーヴィ・タン氏はこれまでに数々のボランティア活動に参加しており、地元の学校の子供達に遊びを教えたりとコミュニティー活動の支援に取り組む一方で、2013年にニュージャージーにてマレーシア料理店をオープンし、既に2店舗展開している。 ニューヨークでは初出店のため待ちに待ったオープンとなった同店は、マンハッタンのオフィスや高級な住宅ビルが並ぶバッテリー・パークの真横に位置し、テラスからは自由の女神を眺める事ができ海風が気持ちよくあたる。 店内はマレーシアのペナン島を感じさせる壁画アートの壁紙が特徴的。ビジネスの宴会や会食などに便利な個室(20-25名)も用意されており落ち着いて食事ができるため、ミーティングにもぴったりだ。 「次のステップは母国マレーシアにレストランを出店したい。」と語るタン氏、今後の更なる挑戦が楽しみだ。             MALAYSIAN KITCHEN USA 住所: 21 SOUTH END AVE., NEW YORK, NY 10280 電話:212-786-1888 営業時間: 11:00AM ~ 10:00PM 定休日:なし www.malaysiakitchenusa.com