待望の一蘭米国1号店、
Brooklynにオープン!

ICHIRAN

BROOKLYN, NY

熟練の技を結集した、最高の一杯がついに完成

約10年の準備期間を経た本物の味がついに解禁!食の安全・安心をお届けしたいという思いから工場を併設した店舗でオープンした。

まず、店内に入って2種類の食事環境を選ぶことができる。ひとつは屋台の雰囲気が味わえる一蘭屋台と呼ばれるテーブル席、そしてもうひとつは、一蘭の名物である『味集中カウンター』がある。ラーメンの味だけに集中して食べられる半個室の空間を提供するカウンター席となっている。

気兼ねなくひとりの空間が楽しめる話題の「味集中カウンター」

座席ごとに仕切りが付き、ラーメンが提供されたと同時に目の前のすだれも下がるようになっている。「一切、邪念を排除して本物のとんこつラーメンの味と麺の食感を楽しんでください」と一蘭の海外広報担当の花井さん。
替玉をリクエストしたいと時は、替玉プレートをテーブル向かって右上にある呼び出しボタンの上に置く。そうすると店内にチャルメラの音が鳴り響く。声を出さずに替え玉ができるというシステムだ。追加注文もボタンひとつを押せば店員が来てくれる。店員の顔も一切お客さんには見えず、最後にお礼の挨拶のときに、一瞬だけ見えるという粋な配慮が施されている。
お好みの味がカスタマイズできるオーダー用紙は、麺の硬さやスープの濃さ、にんにくやねぎ、チャーシュー、秘伝のたれなど、細かくお好みでカスタマイズできるので自分好みのオーダーを楽しむことができる。
細麺なのにモチモチ感と歯ごたえがしっかりしている麺。そして赤い秘伝のたれがアクセントとなって深みのあるとんこつスープとうまく絡みあって一体感を出す美味しさが同店のラーメンの魅力だ。

味集中カウンター席椅子の下にセンサーがついているので座ると空席案内板の「空」ランプがグリーンになる。座っている時間の長さによってランプの色が変わる。座ってすぐはグリーン、10分までがイエロー、レッドが15分以上。

「弊社ではチャーシュー、麺、スープと、それぞれの専属職人によって分業制になっています。これまでも、これからもずっと変わることはありません。熟練された職人の腕によって、最高を極めるためにとことん追求するためです」

日本とは水も原材料も作る環境がすべて違う。日本で提供しているラーメンに近づくために、『妥協するなら出店しない方がいい』という強い信念を持って、定期的に日本からそれぞれのスペシャリストが定期的に来て研究を重ねた。納得いくまで何度も改善を繰り返し、完成までに10年の歳月を費やしたという。
同社の従業員はラーメンの味に惚れ込んで入社してくるというくらい味に、提供する側が誇りを持っている。そしてその味は日々進化し続けている。
美味しくて、またエンターテイメント性が高く楽しめるラーメン店として日本国民にはもちろん、日本を訪れる海外の観光客にも人気の同店。ニューヨークでも大きな話題となって、オープン初日には長蛇の列が出来た。今後も米国で多店舗展開をしていく予定だという。

値段はメニュー価格18ドル。トッピングで付く押すカランの酸味、柚子胡椒、赤こしょうなどを入れるとまた違った味が楽しめる。製麺機を日本から持ってきて日本の味を再現。
仕切りを外すこともできるので、同伴者と食事も楽しめる。

 

 

 

お酒を楽しみたい人は居酒屋仕様のテーブル席へ
お土産ショップではニューヨーク限定の乾麺セットやオリジナルグッズが購入可能。

 

 

 

 

 

 

 

 
住所:
374 JOHNSON AVE.,
BROOKLYN, NY 11206
電話:718-381-0491
営業時間:
日曜日~木曜日 11:00AM ~ 10:30PM
金曜日・土曜日 11:00AM ~ 11:30PM
定休日:なし
https://ichiran.com

Leave a Reply